ご利用ガイド
 
   

バックナンバー取扱店
イベント
NEWS一覧

< 前月 次月 >
4
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

休業日 
発売日
営業時間 9:30-18:00
※土日祝日除く

StereoSound

StereoSound

CATALOG
ステレオサウンドストア取扱商品リストをPDFでご覧いただけます。
Store Item List

SSLとは?


JASRAC許諾番号:
S0904102073


新 忠篤氏設計:AP5 [ステレオパワーアンプ] 【完成品】

¥ 435,000 (税込)
  発売日:2013年10月28日     海外発送:不可
売り切れ

型番:
atarashi-Amp.-AP5

【ご好評につきレギュラー生産決定!】

管球式アンプ製作の長い経験と知見を持つ新忠篤氏の設計。
EL34の音をストレートに聴かせるノンNFB単段プッシュプルアンプ。

スピーカーを選ばず、明晰な低域、強靭なフォルテを描く闊達な音楽を聴かせる。

こちらの商品は小林サウンド工房から直送されます。
(送料サービス)

ヤマトコレクト便利用不可

AP5の紹介ページ>>

TC1の紹介ページ>>


 

EL34の音をストレートに聴かせるノンNFB単段プッシュプルアンプ。
スピーカーを選ばず、明晰な低域、強靱なフォルテを描く闊達な音

 『管球王国』の筆者、新 忠篤氏が『管球王国』70号の連載企画「マイ・ハンディクラフト」で発表したアンプが、EL34単段プッシュプル・ステレオパワーアンプAP5である。新 忠篤氏は世界的なレコード会社での数多くのクラシック・レコード制作のキャリアを持ち、一方で、管球式アンプ製作の長い経験と知見を持つ。
 AP5は、新氏が手に入れた感度80dBの小型スピーカーを鳴らすことが製作の動機となった。新氏は、5極管EL34のUL接続プッシュプル動作に着目した。グリッド・バイアス電圧が32Vで、高昇圧比を持つ入力トランスならば、単段増幅アンプに仕立てることができる。以前に2A3の単段シングルアンプ用として橋本電気に特注していた、1次600Ω、2次120kΩ(昇圧比=1対14)の入力トランスを用いることとした。入力トランスで位相反転してEL34をスイングする。
 AP5の設計の考え方の根底にあるのが、ウェスタン・エレクトリック(WE)95A。映写室のモニターシステム用に20cmフルレンジ励磁型ユニットと組み合わされた、出力管43の単段アンプである。新氏は0.6W出力のWE95Aの闊達で輝かしい音にかつて魅了されたのだ。

↑AP5のトップビュー。EL34単段のプッシュプルアンプで、真空管はシャーシ天面手前に配した4本のEL34のみ。トランス類はすべて橋本電気製を採用し、左上の出力トランスの下に入力トランスを配する。

↑フロントビュー。出力管EL34はJJ製を用いる。トランスの総重量は15.3kgで、堅牢なタカチ製シャーシを採用する。

↑リアビュー。スピーカー出力端子は1系統で4Ω/8Ω/16Ωに切り替えで対応する。600Ω1系統の入力端子を装備。


 AP5はノンNFBアンプである。製作の過程で出力管EL34のプレートからグリッドに実測9dBの帰還を掛けたが、音が冴えを失い、歓迎できる結果は得られなかった。回路のポイントのひとつが、EL34のカソードから入力トランス2次側の中点に掛ける正帰還。クラフトファンの間で「ウェスタン繋ぎ」と呼ばれる手法で、躍動感のある心地よい音楽再生をもたらすという。
 トランス類は入力トランスのほか、出力、チョークコイル、電源とも橋本電気製。B電源には430V300mAが必要で、電源トランスはブリッジ整流型とした。整流回路には日立製U07Nファーストリカバリーダイオードを用いる。

 AP5の最大出力は35W。新氏が管球王国68号「マイ・ハンディクラフト」で発表したトーンコントロール付きプリアンプTC1との組合せを想定し、入力ボリュウムは装備しない。入力トランスを用いるAP5の入力インピーダンスは600Ωで、TC1との組合せがお薦めだ。『管球王国』70号の企画「実験工房」のEL34新旧16種聴き比べでは、TC1+AP5の組合せをリファレンス・アンプとした。出力段にのみ真空管を用いるAP5で、EL34の音をストレートに聴き比べることができた。
 新氏のビフレステックTGA1B1は、出力15WのTA7477タイプWE300BプッシュプルからAP5にアンプを変えることで、スムーズで自然な、低音部の明晰さをいっそう増した音で鳴ったという。AP5は、スピーカーを選ばずに闊達な音楽を聴かせるパワーアンプである。


↑内部コンストラクション。EL34をUL接続で用いる出力段は無帰還設計。出力管のカソードから入力トランスの中点にポジティヴフィードバックを掛ける

↑1次インピーダンス600Ω、2次120kΩ(昇圧比=1:14)の橋本電気製特注入力トランスで位相反転して出力管EL34をスイングする単段アンプである。


AP5の紹介ページ>>

TC1の紹介ページ>>

製品仕様

AP5

  • 出力:35W+35W
  • 入力端子:1系統(RCAアンバランス)
  • 入力インピーダンス:600Ω
  • 負荷インピーダンス:4Ω、8Ω、16Ω
  • 使用真空管:EL34(JJ)×4
  • 寸法/重量:約W430×H190×D358mm/約18kg
  • 写真は雑誌での発表時点のため、製品は細部が異なります。
  • 製作は小林サウンド工房が行ない、製品は小林サウンド工房より直送されます。メインテナンスや修理も小林サウンド工房が行ないます。本機の納期はご注文確定後、約2カ月です。
  • 電気用品安全法に合致。
  • 本機は受注生産品のため、お客様都合によるご注文後のキャンセル/返品はお受けできません。あらかじめご了承ください。
  • 沖縄、および離島への送料は、下記までお問合せください。

発送/不具合に関するお問合せ:株式会社 ステレオサウンド sales@stereosound.co.jp

商品の仕様に関するお問合せ :小林サウンド工房 電話番号 03(3804)6152




Stereo Sound STORE Copyright © 2013- all right reserved.