ご利用ガイド
 
   

バックナンバー取扱店
イベント
NEWS一覧

< 前月 次月 >
3
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

休業日 
発売日
営業時間 9:30-18:00
※土日祝日除く

StereoSound

StereoSound

CATALOG
ステレオサウンドストア取扱商品リストをPDFでご覧いただけます。
Store Item List

SSLとは?


JASRAC許諾番号:
S0904102073


管球王国 Vol.74 2014年 Autumn

¥ 2,808 (税込)
  発売日:2014年10月28日     海外発送:可
カゴに入れる ADD TO CART


雑誌コード:67969-34
ISBNコード:978-4-88073-342-5

▶管球王国のバックナンバーはこちらから

■送料について
送料はこちらからご確認ください。

 

●記事訂正のお知らせ

本誌74号の企画「実験工房=直熱3極管300B現行生産管14種の聴き比べ」の記事中、8頁と152頁に誤りがありました。写真の、試聴した真空管の管名と価格は、正しくはオーディオスペースWE300B(¥110,000、ペア)です。読者各位に訂正してお詫びいたします。


主な内容

  • 真空管アンプとLP盤で甦る
    クラシック究極の名盤・名演

    テスター=金子 学(ベーレンプラッテ)/高津 修
    クラシックの巨匠たちの名盤、歴史に残る名演奏の真の魅力を、管球式アンプと良質なアナログLPレコードとの組合せで引き出します。「ヴァイオリン」「ピアノ」「オペラ・声楽」「フルトヴェングラー」「カラヤン」「優秀録音盤」の6つのテーマで、レコードを選定。演奏と、希少な盤にまつわる蘊蓄を交えながら、多様な出力管種、回路構成のアンプで音源の魅力を浮き彫りにします。
    • [試聴アンプ]
      ユニゾンリサーチTRIODE25、トライオードTRV845SE、クォードQUAD II-Classic Integrated、オーディオ・ノートSOUGA、ウエスギU・BROS2011M、EAR EAR534、マッキントッシュMC75、オクターブRE290、サンバレーSV8800SE、オーディオリサーチREFERENCE 75、エアータイトATM211、フェーズメーションMA1000
  • WE、Westrex、Motiograph、ALTEC、Langevin、IPC、RCA、Ampex
    6L6/807系プッシュプル・パワーアンプの聴き比べ

    テスター=新 忠篤/篠田寛一/土井雄三
    1936年にRCAが開発したビーム管6L6は、米国の業務用パワーアンプに多く用いられ、ヴァリエーションも豊富な出力管です。6L6と、送信管807、WE350Bを用いるヴィンテージ・プッシュプル・パワーアンプ14モデルを聴き比べます。試聴用スピーカーはアルテック604E+612。強力な磁気回路を持つモニタースピーカーを充分にドライブする音を探ります。
    • [試聴アンプ]
      IPC AM1011、IPC AM1001、IPC AM1027、RCA MI9335、IPC AM1026、ランジュヴァン610A、アルテック1520T、モーショグラフMA7505A、ウェストレックスA16B、WE KS16608-L1、IPC AM1026、アンペックス6516(ピアレス製トランス搭載)、アンペックス6516(GTC製トランス搭載)、WE 142、WE 124
      [試聴スピーカー]
      アルテック604E+612
  • 「Vintage Analogue」フェアチャイルド・カートリッジの魅力を探る
    新 忠篤/佐藤隆一/古屋 明
    現代の半導体技術の基礎を築くなど多様な製品を輩出し、円盤録音用カッティングシステムや、LPレコードのラッカー原盤プレイバック用などに用いられた高性能MCカートリッジ「220」シリーズなどで知られるフェアチャイルド社。主に1950〜60年代に活躍した、フェアチャイルド製カートリッジ9モデルを試聴し、魅力を探ります。
    • [試聴カートリッジ]
      ●SP/78rpm用=215C、220C、225C ●モノーラルLP用=215A、220A、225A、XP3 ●ステレオLP用=SM1、SM2
  • 実験工房 直熱3極管300B 現行生産管14種の聴き比べ
    テスター=新 忠篤/岡田 章/篠田寛一
    直熱3極管を代表する存在、300Bの現行管14種を聴き比べます。出力管300Bだけを独立電源で動作させ、真空管のシビアな音質評価が可能な単段シングル・パワーアンプで試聴し、高水準の品質を持つ300B現行管の音色の違いを吟味します。
    • [試聴300B]
      曙光電子300B-98、エレクトロ・ハーモニックスEH300B GOLD GRID、JJ 300B/MP、ジェナレックス(Gold Lion)PX300B、サンバレーPrime 300B ver.5、オーディオスペースWE300B、ゴールデンドラゴン300B Super/MP、トライオード300B、ゴールデンドラゴン4-300BC/MP、エミッションラボEML300B、KR 300B-Balloon/MP、プスヴァンWE300B、KR 300BXLS/MP、高槻電器工業TA300B
  • 「Private Study/最高水準のアナログプレーヤーを聴く」角田郁雄
    技術、物量とも惜しみなく注ぎ込まれた現代のハイエンド・アナログプレーヤーが聴かせる究極の音の世界を、5モデルの試聴を通してリポートします。
    • [試聴システム]
      ターレスTTT-COMPACT+SIMPLICITYII、クロノスSPARTA TURNTABLE+HELENA、テクダスAir Force Two+グラハムPhantom ELITE、トランスローターTOURBILLON FMD+TR5012、オーディオ・ノートGINGA(Kondo V12搭載)
  • モノ作り探訪「フェーズメーション」傅 信幸
    求める音楽表現のために作り手の思いを積み重ねてオーディオ製品として形にする、真摯な物作りの現場を訪ねます。今号は、測定器などの開発で得たトランス技術を生かしてアナログカートリッジや直熱管アンプなど高品位なコンポーネントを生み出すフェーズメーションを訪問します。
  • オーディオ・ラボでの教え 第1回「録音を志すなら、まず再生をやれ!」 常盤 清
    1970年春、録音のプロフェッショナル集団としてスタートした「オーディオ・ラボ」に一期生として入社しエンジニアとして歩み始めた常盤 清氏が、最前線で体験したオーディオ全盛期を振り返りながら、菅野沖彦氏や相澤昭八郎氏をはじめ、先達から現場で伝えられた、オーディオに取り組むための金言といえる“教え”をひもときます。(編集部)
  • マイ・ハンディクラフト
    『管球王国』筆者の熟達した設計による新作アンプを発表します。回路解説、実体配線図と回路図、パーツリストとともに、管球式アンプ製作の過程と完成した実機を、試聴インプレッションを交えて紹介します。

    唐木志延夫◎P&Gフェーダー採用アクティヴ型ボリュウムコントロールボックスSP02の製作
    プロ機で著名な英国P&G製スライドフェーダーを用い、ハイエンドアンプにも搭載される高音質オペアンプを組み合せたアクティヴ型です。レスポンスが速く、明瞭で高解像度の音はモニター用途にも最適です。専用基板で製作の容易さにも配慮し、抵抗値変更による増幅率の調整やオペアンプ交換による音の変化も楽しめます。
    【ステレオサウンドストア/StereoSound STORE】で完成品とキットを発売中です

    ●記事訂正のお知らせ

    本誌74号の企画「唐木志延夫◎P&Gフェーダー採用アクティヴ型ボリュウムコントロールボックスSP02の製作」の記事中、110頁の回路図に誤りがありました。正しくは下の写真の通りです。訂正してお詫びいたします。




    小林 昭◎5933WAプッシュプル・ステレオパワーアンプK59IIIの製作
    筆者が高解像で躍動的な音質を見出した6L6系の高信頼管5933WAをUL接続で、用い高いスクリーングリッド電圧で駆動するプッシュプル・ステレオパワーアンプです。トランス類はオール橋本電気製。高域に美しい響きを持つ橋本製出力トランスを生かし、パワフルで優美な音、生々しいジャズや彫りの深いオーケストラ演奏を聴かせます。
    【ステレオサウンドストア/StereoSound STORE】で完成品を発売中です

    大西正隆◎300Bプッシュプル・モノーラルパワーアンプHK27の製作
    プレート損失65Wのカーボンプレート構造GD製4-300BCによるプッシュプルです。12AU7によるバッファー回路で出力管をカソードフォロアー・ドライブし、前段と出力段の相互干渉を排除。トランス類はすべてタムラ製作所製新シリーズを採用。NFBのON/OFFを装備し、高域に煌めきのある落ち着いた小音量再生とパワフルな再生とで、切替えが可能です。
  • 「クラングフィルムの歴史とドイツの名機たち」小林正信
    ツェットンまでのトーキーシステム
    トーキー初期の歴史においても、レコードと同じくドイツが重要な役割を果たし、特に光学式トーキーと劇場用オーディオ機器の性能では世界をリードしました。20世紀初頭に発明されたトーキーの黎明期と、1930年代初頭、クラングフィルム初期のツェットン(ZETTON)システムをひもときます。
  • SPEAKER CRAFT「JBLに着想の〈aquarea103〉」FOSTEX FE103Sol搭載 高津 修
    1964年に登場したフォステクスの10cmフルレンジユニットFE103。その発売50周年を記念する限定ユニットFE103Solによるスピーカー製作に挑みます。1970年代のJBL機を意匠のモチーフとする水平無指向型です。今号は前号の設計・工作編に続き、塗装・仕上げ+試聴編です
  • 2014秋の注目新製品試聴
    テスター=小原由夫/篠田寛一/高津 修/角田郁雄/傅 信幸
    この秋に登場する話題の管球式アンプやスピーカー、アナログ関連製品などのニューモデルを試聴、その特徴と音質を検証します。今号は管球式プリアンプ、パワーアンプ、インテグレーテッドアンプとカートリッジ最新モデルが充実です。15インチウーファー搭載・励磁型2ウェイの『管球王国』新リファレンス・モニタースピーカーも登場です。
  • 真空管&ヴィンテージ&パーツ・ショップをリポート
    ◎サウンズ ナカムラ(東京・秋葉原)



Stereo Sound STORE Copyright © 2013- all right reserved.