ご利用ガイド
 
   

バックナンバー取扱店
イベント
NEWS一覧

< 前月 次月 >
4
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

休業日 
発売日
営業時間 9:30-18:00
※土日祝日除く

StereoSound

StereoSound

CATALOG
ステレオサウンドストア取扱商品リストをPDFでご覧いただけます。
Store Item List

SSLとは?


JASRAC許諾番号:
S0904102073


管球王国 Vol.75 2015年 Winter

¥ 2,808 (税込)
  発売日:2015年1月28日     海外発送:可
売り切れ soldout


雑誌コード:67969-38
ISBNコード:978-4-88073-349-4

▶管球王国のバックナンバーはこちらから

■送料について
送料はこちらからご確認ください。

 

主な内容

  • ジャズ・ヴォーカルの神髄を
    最新管球アンプで明かす

    テスター=後藤雅洋/篠田寛一
    戦前?現代に至るジャズ・ヴォーカル名唱が持つ本来の魅力、録音年代に合った再生の魅力を、様々な管種・構成の管球式アンプで探ります。ジャズ喫茶「いーぐる」店主・ジャズ評論家の後藤雅洋氏、オーディオ評論家篠田寛一氏が、必聴盤の試聴を通じて語り合います。
    • [試聴アンプ]
      サンバレーSV501SEアーカイブ、エイフル浅野式WE275Aシングル、カトレアthe・ヨーロッパII、小林サウンド工房K59III、ウエスギU・BROS300、フェーズメーションMA1000、トライオードTRV-P845SE、エアータイトATM1S、マッキントッシュMC275VI、オクターブV70SE、EAR V12、オーディオ・ノートOverture PM2
  • 往年の20cmフルレンジユニット15種を聴く
    テスター=新 忠篤/篠田寛一/土井雄三
    フルレンジユニットの中核のサイズともいえる20cm口径。幅広く米国製/欧州製のヴィンテージ20cmフルレンジユニット15種を聴き比べます。15種は、米国製シングルコーン=6モデル、欧州製シングルコーン=5モデル、同軸ユニット=3モデル、メーカー製システムとしてJBL LE8T(JBL L54 Trimline)です。JBL L54 Trimline以外のユニットは、それぞれの個性が際立つよう、すべてアルテック618Cレプリカ箱に装着して試聴します。試聴アンプは、現代の小型管球式アンプ8モデルとヴィンテージアンプ1モデルです。
    • [試聴ユニット]
      ストロンバーグ・カールソンRC27、ジェンセンPM8C、デュケイン9935A、マグナヴォックス8C52、JBL D208、アルテック755C、グッドマンT27B、イソフォンP203C、シーメンス22C、フィリップスAD3800SM、GEC BCS1851、サウンドリアC803、アルテック409B、ジェンセンRCC210、JBL LE8T(JBL L54 Trimline)
      [試聴アンプ]
      キャロットワンERNESTOLO EX、イチカワCT322mini、ヤーランドMJ84、春日無線変圧器KA22SFM、アムトランスTU8200TK Modified by Amtrans「管球王国ヴァージョン」、トライオードTRV35SE、サンバレーSV23D/6C6、オルトフォンKailas-b4、ランジュヴァン138(ヴィンテージ)
  • 「Vintage Analogue」オルトフォンSPUシリーズ歴代モデル聴き比べ
    新 忠篤/佐藤隆一/古屋 明
    1959年の登場以来、今日に至るまで根強い人気を誇るオルトフォンのMCカートリッジ「SPU」シリーズ。代表的な歴代モデル12機種の音を聴き比べます。ヴァリエーションモデルが登場するごとに新しい特徴が加わったSPUシリーズの、それぞれが持つ個性、魅力の根源に迫ります。
    • [試聴カートリッジ]
      オルトフォンSPU-A(1960年代初期)、SPU-A(1960年代後期)、SPU-A(1970年代中期、輸入元=Audionix)、SPU Gold GE(1981年当時¥95,000、輸入元=Harman International)、SPU Classic GE(1987年当時¥55,000、輸入元=Ortofon Japan・以下同じ)、SPU Meister GE(1992年当時¥157,000)、SPU Classic GE MK II(2006年発売・以下同じ)、SPU Royal G MK II(2006年)、SPU Meister Silver MK II(2006年)、SPU Synergy(2005年)、SPU Spirit(2013年)、SPU 95 Anniversary(2014年)
  • 実験工房 6L6系出力管5種25モデルの聴き比べ
    テスター=新 忠篤/岡田 章/篠田寛一
    6L6系の出力管、6L6GC、KT66、KT88、6550、EL34/6CA7の5種、計25銘柄の音を聴き比べます。6L6系出力管を無調整で差し替えられ『管球王国』仕様としてオーディオ専門店アムトランスがエレキット製をベースに音質向上を図ったシングルアンプ、TU8200TK Modified by Amtrans「管球王国ヴァージョン」での試聴です。25銘柄は現行管22銘柄、ヴィンテージ管3銘柄です。
    • [試聴真空管]
      ●6L6GC=、エレクトロ・ハーモニックス6L6EH、JJ 6L6GC/MP、タングソル6L6GC STR/MP、ゴールデンドラゴン6L6GC Premium/MP、スヴェトラーナ6L6GC/MP
      ●KT66=ゴールドライオンKT66/MP、JJ KT66、ゴールデンドラゴンKT66R/MP
      ●KT88=エレクトロ・ハーモニックスKT88EH、JJ KT88/MP、ゴールドライオンKT88 、ゴールデンドラゴンKT88R/MP、GEC KT88(ヴィンテージ管)、ゴールドライオンKT88(ヴィンテージ管)
      ●6550=ソヴテック6550WE/MP、エレクトロ・ハーモニックス6550EH、タングソル6550/MP、ゴールデンドラゴン6550C/MP、PM 6550C Premium/MP
      ●EL34/6CA7=エレクトロ・ハーモニックスEL34EH、JJ EL34/MP、JJ E34L(6CA7/EL34)/MP、JJ 6CA7/MP(太管)、スヴェトラーナEL34/MP、ムラードEL34/MP(ヴィンテージ管)

  • 「Private Study/マルチアンプ駆動の可能性を探る」角田郁雄
    ホーン型モニタースピーカーと管球式アンプで、シングルアンプ駆動から発展させながら、チャンネルディバイダーを用いたマルチアンプ駆動のストレートな音と、調整による音作りの可能性を探ります。
    • [試聴システム]
      ◎スピーカーシステム=GIP-Monitor1 ◎チャンネルディバイダー=アキュフェーズDF55 ◎パワーアンプ=マッキントッシュMC75、マッキントッシュMC275VI、クォードQUAD II-Forty、エアータイトATM300、エアータイトATM1S
  • モノ作り探訪「エアータイト」傅 信幸
    求める音楽表現のために作り手の思いを積み重ねてオーディオ製品として形にする、真摯な物作りの現場を訪ねます。今号は、手配線の追求など、持つ喜びのあるアンプ、音楽を楽しめるアンプとしての真空管アンプ作りを徹底し、大パワーの必要な現代スピーカーをドライブできるアンプとして欧米のハイエンド・ユーザーからも支持を受けるエアータイトを訪問します。
  • オーディオ・ラボでの教え 第2回「シンプルな録音スタイルが、ピュアな音を生み出す」 常盤 清
    1970年春、録音のプロ集団としてスタートした「オーディオ・ラボ」に1期生として入社しエンジニアとして歩み始めた常盤 清氏が、最前線で体験したオーディオ全盛期、菅野沖彦氏をはじめ先達から伝えられたオーディオの“教え”をひもときます。今号は、オーディオ・ラボの自社レーベル・レコード発売の経緯、当時の録音機材と特徴的だった録音スタイルを振り返ります。
  • マイ・ハンディクラフト
    『管球王国』筆者の熟達した設計による新作アンプを発表します。回路解説、実体配線図と回路図、パーツリストとともに、管球式アンプ製作の過程と完成した実機を、試聴インプレッション交えて紹介します。

    新 忠篤◎KR PX25単段シングル・モノーラルパワーアンプAP9の製作
    入力トランス採用の、英国古典管PX25単段シングル・モノーラルアンプです。電源部平滑回路をチョーク2段のダブルπ型を構成するほか、アンプ動作に悪影響を及ぼすスピーカーからの逆起電信号の排除に意を払った設計です。アタックの強い音にも鋭く反応するスピード感と、渋みと落ち着いた気品のあるトーンを両立する音が楽しめます。

    是枝重治◎5933パラレルプッシュプル・モノーラルパワーアンプFascination75の製作
    並列駆動に適し、クリアーな音質を持つ6L6系の高信頼管5933パラレルプッシュプル・モノーラルアンプです。大出力と長期安定度を確保し、万能機を目指したラックマウント型で、低域が不足し荒さを感じさせることのある大型ヴィンテージスピーカーの音を熟成された美音に変貌させ、現代スピーカーからはヴィヴィットで冴えた音味を引き出します。

     
  • 「クラングフィルムの歴史とドイツの名機たち」小林正信
    オイロパ
    クラングフィルムを代表する劇場用システムのひとつ「オイロパ」を振り返ります。1931年に開発、1932年に導入されたオイロパは、ウェスタン・エレクトリックの「ワイドレンジ・サウンドシステム」と同時期に、劇場用再生システムの広帯域化の必要から生み出され、戦後の「オイロダイン」にバトンタッチするまで活躍。高音質を持ち、基本性能の優れたシステムでした。
  • 2015冬の注目新製品試聴
    テスター=小原由夫/篠田寛一/角田郁雄/傅 信幸
    この冬に登場する話題の管球式アンプやスピーカー、アナログ関連製品などのニューモデルを試聴、その特徴と音質を検証します。今号は管球式プリアンプ、超大型管4212アンプなどパワーアンプ、スピーカーシステムが充実です。



Stereo Sound STORE Copyright © 2013- all right reserved.