ご利用ガイド
 
   

バックナンバー取扱店
イベント
NEWS一覧

< 前月 次月 >
1
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

休業日 
発売日
営業時間 9:30-18:00
※土日祝日除く

StereoSound

StereoSound

CATALOG
ステレオサウンドストア取扱商品リストをPDFでご覧いただけます。
Store Item List

SSLとは?


JASRAC許諾番号:
S0904102073


Mariage 1 (マリアージュ)オーディオシステム[Olasonic NANO-UA1a +NANO-CD1+ ELAC BS72ホワイト]

¥ 200,000 (税込)
  発売日:2015年2月12日     海外発送:不可
カゴに入れる

型番:
Mariage 1

イリーナ・メジューエワ セレクション
Olasonic+ELAC オーディオシステム

本商品はメーカー直送でお届けいたします。
ヤマトコレクト便利用不可

 
Mariage 1 (マリアージュ)オーディオシステム[Olasonic NANO-UA1a +NANO-CD1+ ELAC BS72ホワイト]

日本を拠点に活躍されているロシア出身のピアニスト、イリーナ・メジューエワさんが選び抜いたオーディオシステム「イリーナ・メジューエワセレクション Mariage(マリアージュ)」が、ステレオサウンドストアから発売された。オラソニック「ナノコンポ」シリーズのCDプレーヤーとUSB DAC機能付プリメインアンプ、エラックの2ウェイスピーカーを組み合わせたこのシステムは、「自宅のピアノルームに音のいいセカンドシステムがほしい」というイリーナさんの思いがきっかけとなり実現したものだ。ここではイリーナさんの演奏を愛聴する山本浩司さんが京都のお住まいを訪ね、「マリアージュ」誕生までのいきさつや、導入後の音の印象などをうかがう。

きっかけは知人宅での「ナノコンポ」との出会い

山本 京都に住まわれて何年ですか。

メジューエワ 今年で4年目になります。現在、京都と東京の両方を拠点に活動していますが、京都の家にいるときはこのピアノルームで多くの時間を過ごします。

山本 「マリアージュ」は、イリーナさんがこの部屋に置くためのオーディオを考えるなかで辿り着いたシステムとうかがいました。まずはそのあたりの経緯から教えてください。

メジューエワ ピアノの上に置けるコンパクトなオーディオシステムを長く探していたのですが、ステレオサウンド試聴室で上質なオーディオに触れる機会を何度かいただくことで、わたくし自身の音に対する意識は以前よりも強くなっていきました。ですから、どうせ組むならコンパクトなだけではなく、音のいいシステムにしたい。そう考えていた矢先、あるオーディオ好きの知人宅で「ナノコンポ」のセットに出会いました。数日後、どうしても忘れることができず、ステレオサウンド社にナノコンポについて詳しく問い合わせたのです。

山本 まずはそのコンパクトさに惹かれたわけですね。

メジューエワ ええ。ピアノの上に置けるもの、という前提がまずありましたので。デザインも魅力的でした。小さいだけでなく、シンプルでエレガント。そしてステレオサウンドの試聴室でデモ機の音を聴かせていただいて、もっと驚きました。「本当にこの小さなアンプがスピーカーを鳴らしているのですか」と聞いてしまったほどです(笑)。

山本 その時にはもう、エラックBS72を組み合わせての試聴だったのですか。

メジューエワ 候補のひとつとして用意していただいていました。他にもいくつか同じくらいのサイズの小型スピーカーを試聴したのですが、ほとんど迷うことなくこのスピーカーだと決めました。

 

 

      BS72ホワイトモデルとの幸せな組合せが実現
 

山本 エラックBS72を選ぶ決め手になったのは?

メジューエワ 最終的には音の好みです。十分な温かさが感じられながら、透明感があり、細部までクリアー。余分な味付けがなく、低い音から高い音までをとてもいいバランスで聴かせてくれる。リビングルームのメインオーディオシステム(写真参照)に、どこかしら通じるキャラクターを感じたんです。ただ、その時にひとつだけ気になったことがありまして……。それはカラリングでした。

山本 日本で発売されているのはブラックのみですね。

メジューエワ そうなんです。ナノコンポのプラチナホワイトが気に入っておりましたので、できればホワイト系で揃えたいと思い、東和電子さんから輸入元(ユキム)に問い合わせていただいたところ、ホワイトモデルはドイツ本国や限られた国のみの取扱いということでした。しかしそのやり取りのなかで、逆にナノコンポとの組合せにユキムさんが興味を持ってくださり、「セット販売限定なら取り扱えるかもしれない」というお答えをいただきました。きっかけはごく個人的なものだったのですが、あまりにも幸運な出会いから生まれた組合せですから、より多くの人に聴いてもらえるなら……ということで「マリアージュ」というひとつのオーディオシステムとして特別にセット販売していただくことになりました。

山本 マリアージュという言葉には「婚姻」のほかに「ワインと料理の良い組合せ」という意味もありますが、この組合せはまさにイリーナさんご自身がコンシェルジュとなって引き合わせたものだったわけですね。


スピーカーの存在が消える。

これぞオーディオの真髄

山本 「マリアージュ」をピアノルームに導入されて一ヵ月ということですが、実際に使ってみていかがですか。

メジューエワ こんないい音が聴けて、毎日とても幸せです(笑)。

山本 いい音で音楽を聴くことは、美味しいものを食べることと同じくらい幸せなことですよね。

メジューエワ そう思います。京都には小さいけれども本当に素晴らしい料理店がたくさんありますが、このシステムもそんな店に似ています。決して高級料亭ではないけれど、とても質のいいものを享受しているという実感が持てるんです。

山本 先ほどイリーナさんの敬愛するシュナーベルの1930年代の録音を聴かせていただきましたが、こういった古い録音が心地よく聴けるシステムというのは、実はそう多くないんですよ。

メジューエワ ピアニストとして、また音楽リスナーとしてわたくしが聴きたいのは、透明度が高くてクセのない音です。このシステムでは、まさにそういう音が聴ける。シュナーベルの柔らかくて甘いタッチが美しく再現されます。音そのものに存在感がありますし。

山本 それは「スピーカーの前に演奏者が存在するように感じる」ということ?

メジューエワ いえ、演奏者というよりは「音そのものが目の前にある」という印象です。いかにもスピーカーから音楽が鳴っているということを感じさせず、ピュアに音楽そのものが鳴っている。

山本 なるほど。音に機械の介在を感じさせないということですね。それはやはり組合せそのものにクセがないからこそ実現できるものですね。まさに「マリアージュ」だ。

   

 

メジューエワ この「マリアージュ」が鳴らす音は、バックグラウンド・ミュージックとしてただ単に聴き流すことができない、という意味でも存在感のある音だと思います。一見とても小さなシステムなので、カジュアルに聴き流すための製品だと思われるかもしれないけれど、音楽に深くまで入り込むことができるんです。想像以上にパワフルで、音量を上げても全体のバランスが崩れませんし。

山本 ここに設置されているということは、イリーナさんは「マリアージュ」で音楽をかけながらピアノを演奏されたりもするのですか。

メジューエワ ええ。ピアノ・ソロに限らず、ピアノ協奏曲や交響曲、あるいはジャズ・ヴォーカルのCDなどをかけながら一緒に演奏することがあります。ジャンルにこだわらず、演奏に活かせる音楽をここで聴き込み、自分に取り込んでいるんです。ですから、自分の弾くピアノの音量に負けないくらいの力を持ったオーディオを必要としていました。ナノコンポのアンプ(NANO-UA1a)は、小型にもかかわらず音量をかなり上げても歪むことなくしっかり音楽を聴かせてくれるので、本当に役立っています。

山本 「マリアージュ」で〝いい音〟を聴くことで、演奏家としてのイリーナさんにも何か影響は表れそうですか。

メジューエワ いい音を聴けばピアノが上手くなる。そう言えれば楽なんでしょうけれど……(笑)。ただ、自分の気づかないところに必ず影響は表れると思います。いい音はそれだけで心を豊かにしてくれますし、時間の感覚にも余裕ができる。細かいところにまで耳を澄ますことで、音楽の吸収力も上がる。2012年に亡くなった小林悟朗(※)さんは、「オーディオは育てるもの」とおっしゃいました。持ち主が好きな音楽を聴き込むことで、オーディオが持ち主に歩み寄ってくれるということでしょう。わたくしも「マリアージュ」をこれから少しずつ育てていきたいと思います。


※小林悟朗さん:NHKで音楽番組の制作に携わったほか、NHKクラシカルレーベルのさまざまなクラシックBD作品(『小澤×ベルリン・フィル 悲愴』など)を作った。オーディオ、AVへの造詣が深く、また、メジューエワさんをはじめとする音楽家との交流も深かった。2012年没


「マリアージュ」が聴かせてくれたサウンドは、

ぼくの予想をはるかに超える本格的なものだった。


 防音施工されたイリーナさんのピアノルーム。その練習用ピアノの上にさりげなく置かれた「マリアージュ」が聴かせてくれたサウンドは、ぼくの予想をはるかに超える本格的なものだった。

 エラックBS72はソフトドーム・トゥイーターを搭載した小型2ウェイ機だが、公称インピーダンスはこの手のスピーカーにしては4Ωと低い。しかし、掌に載りそうなコンパクトなNANO-UA1aは、涼しい顔でBS72から伸び伸びとした豊かな低音を引き出し、オーケストラ・イメージを見事に楽しませてくれたのである。これぞ組合せの妙、オーディオの魔法だ。このあたたかく澄んだ低音は、このシステムに組み込まれたボードも大きく貢献しているに違いない。

 深い精神性を実感させるシュナーベルの弾く古い録音のベートーヴェンのピアノ・ソナタもすばらしかったし、エラ・フィッツジェラルドが歌うコール・ポーター作品集がたおやかな情感をたたえて鳴ったのには驚いた。ぜひ多くの音楽ファンにこの音を体験していただきたいと思う。

山本浩司

Mariage 1 セット内容

NANO-UA1a
●プリメインアンプ:オラソニックNANO-UA1a
●CDトランスポート:オラソニックNANO-CD1
●スピーカーシステム:エラックBS72ホワイト・ペア
●スピーカーケーブル:オラソニックNA-SPC100(1m×2本)
●オーディオボード:オラソニックNA-STD3(3枚1組)

保証期間:ご購入から3年間


NANO-UA1aNANO-CD1専用オーディオボード、ケーブル

【Specifications】
◇NANO-UA1a(USB DAC内蔵プリメインアンプ)
●スピーカー出力:26W+26W (4Ω) 、13W+13W (8Ω) (いずれもダイナミックパワー)●接続端子:オーディオ入力 USB(Type B)、OPTICAL(角形)、COAXIAL(RCA)、LINE(Φ3.5㎜ステレオミニ)●対応音声フォーマット:USB:DSD2.8MHz/5.6MHz(DoP方式)、~192kHz/24bit(リニアPCM)、OPTICAL/COAXIAL:~192kHz/24bit(リニアPCM)●寸法/質量:W149×H39×D175mm/940g(本体のみ)

◇NANO-CD1(CDトランスポート)
●再生可能メディア:CD、CD-R、CD-RW、ハイブリッド SACDのCD層●出力サンプリングレート:44.1kHz / 88.2kHz / 96kHz●デジタル出力端子:COAXIAL(RCA)、OPTICAL(角型)●寸法/質量:W149×H39×D160mm/1200g(本体のみ)

◇ELAC BS72ホワイト(スピーカーシステム)
●型式:2ウェイ2スピーカー・バスレフ型●使用ユニット:25mmドーム型トゥイーター、116mmコーン型ウーファー●クロスオーバー周波数:3,600Hz●周波数特性:56Hz~28kHz●インピーダンス:4Ω●寸法/質量:W140×H230×D160mm/3.2kg






Mariageについてのお問合せ先

発送・不具合に関するお問合せ:(株)ステレオサウンド sales@stereosound.co.jp

製品の仕様に関するお問合せ :(株)東和電子 Olasonicサポートセンター
電話番号 03(6303)9814 / E-mail:support@twa.co.jp

Stereo Sound STORE Copyright © 2013- all right reserved.