ご利用ガイド
 
   

バックナンバー取扱店
イベント
NEWS一覧

< 前月 次月 >
5
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

休業日 
発売日
営業時間 9:30-18:00
※土日祝日除く

StereoSound

StereoSound

CATALOG
ステレオサウンドストア取扱商品リストをPDFでご覧いただけます。
Store Item List

SSLとは?


JASRAC許諾番号:
S0904102073


DF13NM (USB DAC付デジタルパワーアンプ・アルミカバー仕様)

¥ 4,600 (税込)
  発売日:2017年4月20日     海外発送:可
カゴに入れる ADD TO CART


価格からは信じられないイイ音で大人気となった、USB DAC付きパワーアンプ基板が美しい高品位アルミプレートをまとって新登場!

 

美しいアルミプレートでカッコよくなりました!

 雑誌の付録とは思えない高音質で、PCオーディオに旋風を巻き起こしたデジファイNo.13の付録パワーアンプ(USB DAC付)。その基板が、高品位なアルミプレートとセットになったキットとしてステレオサウンドストアに新登場!

 今回新しく採用したのは、高精度なアルミ削出しシャーシで高い評価を獲得している工房「N2 Factory」が設計・製造した、高品質基板保護用アルミプレート。ノイズの侵入および輻射を軽減すると同時に、大切な基板を物理的な破損からしっかり守ってくれます。

 鮮やかなピュアオーシャンブルーの高品質基板保護用アルミプレートの厚さは2mm。表面には手触りのよい梨地仕上げを施しました。また精緻なレタリング(文字入れ)は、プレシジョンレーザー加工によるもので、消えたり剥がれたりすることがありません。

 そのアルミプレートに守られるのは、パソコンのUSB端子と接続するだけでデジタル音楽ファイルをいい音で楽しむことができる、デジタルパワーアンプ基板。PCオーディオの入門用として、Olasonicブランドで人気を集める(株)東和電子が設計・開発したこれは、その音のよさと使いやすさが受けて、ビギナーからヴェテランのオーディオ愛好家の方まで、幅広くご愛用いただいています。基板は完成品ですので、半田付けなどは必要ありません。同封の組立説明書に従って、プラスドライバーでネジを締め、最後にゴム脚を貼り付ければ完成です。

YoutubeからiTunesまで、毎日いい音。

DF13NMにはこんな特徴があります!
・パソコンのUSB端子と接続して、アンプの入っていないスピーカーを素晴らしいサウンドで鳴らします。
i・Tunesなどを使ってパソコンに録り貯めたデジタル音楽ファイルはもちろん、Youtube、radiko.jp、「らじるらじる」、などをいい音でお楽しみいただけます。
・10W+10Wの出力を持ち、家庭用として充分なパワーを誇ります。
・Olasonicブランドで人気を集める(株)東和電子が設計・開発しました。
・Mac OS 9.1 / 10.1 以降、Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10など、さまざまなパソコンで使えます。
・シングルボードコンピューター「Raspberry Pi 3」「Raspberry Pi 2」「Raspberry Pi Zero」「Raspberry Pi Zero W」での動作を確認いたしました。
・面倒なUSBドライバーなどのインストールは不要ですので、ビギナーからヴェテランのオーディオ愛好家の方まで、幅広くご愛用いただけます。
・USBバスパワーで動作しますので、外部のACアダプターなどは必要ありません。パソコンやデスクの周りをスッキリ、ひろびろ使えます。
・デジタルパワーアンプ基板は組立済。高品質基板保護用アルミプレートをネジどめするだけで完成します。
・半田付けなどは必要ありません。

Specifications

入力 : USB 端子(TypeB / バスパワー)
対応信号:44.1kHz/16ビット、48kHz / 16 ビット
出力:バネ式スピーカーターミナル
最大出力 : 10W+10W(8Ω、ダイナミックパワー )
対応OS : Mac OS 9.1 / 10.1 以降、Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10・USB
寸法/質量:W68×H35×D96mm / 144g

商品内容

・DAC付デジタルパワーアンプ基板(完成品)×1
・基板支持用パーツ(支柱×4、ビス×4)
・高品質基板保護用アルミプレート(ピュアオーシャンブルー)×2
・アルミプレート支持用支柱(20mm)×4
・アルミプレート固定用サラビス(3 φ ×6mm)×8
・粘着材付ゴム脚×4
※地上波デジタル放送の音声など、著作権管理システムの関係で音がでないソフト、コンテンツがあります。

《基本的な使い方》

(1)まず、DF13NMのUSB Type B端子とお手持ちのウインドウズ、あるいはMacのUSB Type A端子を、一般的なUSBケーブルで接続します(写真1)。

(2)DF13NMの後ろ側(USB端子がない方)にあるスピーカー出力端子と、お手持ちのスピーカー背面の入力端子を手ごろなスピーカーケーブルで接続します。+(赤)は+、-(黒、または白)は-に正しくつないでください(写真2、写真3)。
※アンプ内蔵型(アクティブタイプ=パソコンとの接続をヘッドフォンなどと同じプラグで行なう、あるいはACアダプターなど専用の電源を必要とする)スピーカーはお使いいただけません。

(3)ここでパソコンの電源を入れ、設定を変更・確認します。まずウインドウズの場合です。スタートメニューからコントロールパネルを開き、「ハードウェアとサウンド」という項目を開きます。つぎに「サウンド」という項目の中にある「オーディオデバイスの管理」をクリックして開きます。すると「再生」タブのなかに「USB AUDIO DAC」という項目が見えるので、この項目のうえで右クリックし「既定のデバイス」に設定します(写真4)。Macでは、「システム機能拡張」から「サウンド」を開き、「出力」のタブを選んだ状態の画面で、「USB AUDIO DAC」を選んで画面を閉じます(写真5)。ここまでできたら、DF13NMのUSB端子側にある2つの黒い音量調整ボタンのうち、左側を押して、ボリュウムを最小にします(接続と設定が正しければ、多く場合、パソコン画面に音量調整マークが表示されます)。iTunesなどの音楽再生ソフトが起動している場合は、いったんこれを終了させて再度立ち上げてください。

(4)お好みの曲を再生状態にしたら、DF13NMのUSB端子側にある2つの黒い音量調整ボタンのうち、右側を押して、お好みのボリュウムに調整します。音が出ない場合は、再生ソフトの音量設定が最小になっていないか確認してください。※パソコンによって、あるいはその設定状態によって、基板上のボリュウムがはたらかない場合があります。その場合は、パソコン本体のシステムボリュウムか再生ソフトのボリュウムで音量を調整してください。

(5)この状態で再生ソフトを変更すると、お好みの音声を再生することができます。例えばWEBブラウザーを立ち上げて、You Tubeの動画を再生すると、いままでとは異なる高音質でその音を楽しむことができます。また、Apple MusicやAmazon Primeなどのサービスと組み合せれば、好きな音楽を一日中いい音で聴くことができます。
※地上波デジタル放送の音声など、著作権管理システムの働きによって音がでないソフト、コンテンツがあります。
Stereo Sound STORE Copyright © 2013- all right reserved.