ご利用ガイド
 
   

バックナンバー取扱店
イベント
NEWS一覧

< 前月 次月 >
3
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

休業日 
発売日
営業時間 9:30-18:00
※土日祝日除く

StereoSound

StereoSound

CATALOG
ステレオサウンドストア取扱商品リストをPDFでご覧いただけます。
Store Item List

SSLとは?


JASRAC許諾番号:
S0904102073


季刊ステレオサウンド No.183/2012年 SUMMER

¥ 2,057 (税込)
  発売日:2012年6月2日     海外発送:可
カゴに入れる ADD TO CART


雑誌コード:65482-49
ISBNコード:978-4-88073-284-8

▶ステレオサウンドのバックナンバーはこちらから

■送料について
送料はこちらからご確認ください。

 

ブルーバックのステレオサウンドNo.183がお届けする注目企画は、「自分の音と音楽ソフトの関係」をテーマにしたエッセイと、これまでとはひと味異なる「パワーアンプの試聴テスト特集」です。表紙を彩る紫色のスピーカーはビビッド・オーディオのG3 GIYA。GIYAシリーズ最小の“カワイイ系”コンパクト・フロアー型スピーカーです。No.183の発売日は梅雨入り前の6月2日(首都圏基準)。これまでよりもお待たせする期間が10日間程度短くなりました。じとじと、じめじめした季節がやって来る前に書店へどうぞ。

巻頭エッセイ My Sound, My Record
自分の音とレコードの関係

「大好きなこのレコード、このCDを、こんな音で鳴らしたい」  オーディオを趣味とする人なら誰にでも、自らのオーディオにとって切っても切れない、そんな音楽ソフトがあるものです。そして、どのような音楽、どのようなレコードを好んで聴いているかによって、その人のオーディオシステムの在り方、その音の方向性は定まってくるものです。この企画は、柳沢功力氏と傅 信幸氏が自らのオーディオにとって不可欠な音楽ソフトを挙げて、その音楽ソフトに秘められた音の魅力、そしてそれを十全に再生するためにどのようなことにこだわってオーディオに取り組まれているのかをご紹介する、「自分の音と音楽ソフトの関係」をテーマにしたエッセイ集です。

特集 現代パワーアンプのサウンドイメージ
[ペンタグラフ]で描く注目25モデルの個性

この特集は、現代の代表的なパワーアンプを対象にして、「音をイメージ化する」ことによって、それぞれの音質傾向をご紹介する試聴テスト記事です。まず、パワーアンプの音質を表わす10の言葉を「指標」に設定。そして、現代パワーアンプ25モデルの試聴テストを行なって、それらの指標に基づいて各パワーアンプの音色の傾向やクォリティを判定し、それを2つの五角形グラフ(ペンタグラフ)で表示しています。もちろん、「ペンタグラフ」だけでは表わしきれない音のディテールをお伝えする「試聴リポート」を併せて掲載していますので、「ペンタグラフ」と「試聴リポート」を見比べ、読み比べていただくことで、現代パワーアンプの音の個性を感じ取っていただけるのではないかと考えています。

このほか、新製品関連では、表紙を飾るビビッド・オーディオのG3 GIYA、マーク・レヴィンソン氏の新ブランド「ダニエル・ヘルツ」の日本上陸第1弾製品、パスの超弩級パワーアンプXs300、ダゴスティーノのステレオパワーアンプなど、この夏注目のモデルを詳しくご紹介しています。システム・チューニング関連の2つの連載企画、「ファインチューニングのすすめ」「間違いだらけのアクセサリー選び」、山本浩司氏の「JBL Project K2 S9900導入記」、ピアニストの小山実稚恵さんにご登場いただいた連載対談「音のたまもの」などもじっくり読んでいただきたい注目記事です。

(ステレオサウンド編集部)

CONTENTS

巻頭エッセイ
My Sound, My Record〜自分の音とレコードの関係 ──────柳沢功力/傅 信幸

現代パワーアンプのサウンドイメージ

[ペンタグラフ]で描く注目25モデルの個性

Part 1
200万円未満13モデル──小野寺弘滋/三浦孝仁
Part 2
200万円以上12モデル──柳沢功力/和田博巳

夏の新着モデル徹底試聴
Exciting Components

  • ダニエル・ヘルツ=M6、M5 Telikos—————小野寺弘滋
  • ビビッド・オーディオ=G3 GIYA—————傅 信幸
  • パス=Xs300—————三浦孝仁
  • ダン・ダゴスティーノ=Momentum Stereo—————柳沢功力
  • テクダス=Air Force One—————三浦孝仁

連載 ファインチューニングのすすめ—————藤本一夫

プレミアム・デジファイ〜デジタルファイル再生を極める〜

  • 新製品リポート
    櫻井 卓/高津 修/黛 健司/三浦孝仁
    ●アトール=DAC200 ●オーロラサウンド=BusPower-Pro
    ●エアー=QA9 ●リン=Akurate DSM
    ●リンクス=Hilo ●ワイス=MAN301
  • デジタルファイルギア・インフォメーション──────編集部
  • スフォルツァートDST01を選んだ理由──────三浦孝仁
連載
間違いだらけのアクセサリー選び
 
スピーカーケーブル篇 根岸邦夫/宮下 博
 
ミュンヘン・ハイエンドショウ リポート—————三浦孝仁
連載
アナログの宇宙—————海老澤 徹
連載
音技の国の散歩道 春の道 真空管アンプを使ってみよう(2) 高津 修
連載
聴く鏡 幻を追うハンターの日常—————菅原正二
連載
音のたまもの ゲスト 小山実稚恵(ピアニスト)──小林悟朗
 
JBL Project K2 S9900導入記──────────山本浩司
 
イタリア ソナス・ファベール訪問記───────小野寺弘滋

TEST REPORT 2012 SUMMER
話題の新製品を聴く

小野寺弘滋/櫻井 卓/高津 修/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁/宮下 博/柳沢功力/山本浩司/和田博巳

SOUND SCOPE
●YGアコースティクス=ANAT III Signature—————山本浩司
●B&W=PM1 Limited Edition—————櫻井 卓
●ヴィヴ・ラボラトリー=Rigid Float—————三浦孝仁

SS HOT NEWS
●アキュフェーズ=A200──────編集部

連載  SS MUSIC REVIEW & ESSAY

    New Discs
  • クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生/柳沢功力
  • ジャズ=原田和典
  • ポピュラー=高橋健太郎/和田博巳
連載
The Best Sounding CD 嶋護の一枚
連載
音楽に心躍る日々─────小林慎一郎
連載
スタジオの音が聴こえる─────高橋健太郎
連載
現代の名演奏家たち────────舩木篤也

インパルス!厳選25タイトルがSACD化────────嶋護

和波孝禧 ─ 迫真のヴァイオリン・サウンドが
SACD〜SHM仕様で甦る───────小林悟朗

エソテリック「名盤復刻シリーズ」の
最新2作品タイトル決定─────────宮下 博

石川さゆり
フラットトランスファーCD-R特別頒布──────────柳沢功力

上杉佳郎氏マイ・ハンディクラフト掲載アンプ 
限定復刻される──────────和田博巳/編集部

SS INTERVIEW──────────宮下 博/三浦孝仁
ノードスト/オルフェウス

SSインフォメーション

レコードストアディ2012プレイベント開催される────────編集部

速報 エソテリック=G01──────────編集部

JUST NEW COMPONENTS

連載 音楽の誘拐──────────許 光俊

試聴ディスク一覧



Stereo Sound STORE Copyright © 2013- all right reserved.