ご利用ガイド
 
   

バックナンバー取扱店
イベント
NEWS一覧

6
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

休業日 
発売日
営業時間 9:30-18:00
※土日祝日除く

StereoSound

StereoSound

CATALOG
ステレオサウンドストア取扱商品リストをPDFでご覧いただけます。
Store Item List

SSLとは?


JASRAC許諾番号:
S0904102073


季刊管球王国 Vol.64 2012年 SPRING

¥ 2,880 (税込)
  発売日:2012年4月26日     海外発送:可
カゴに入れる ADD TO CART


雑誌コード:67969-01
ISBNコード:978-4-88073-279-4

▶管球王国のバックナンバーはこちらから

■送料について
送料はこちらからご確認ください。

 

主な内容

JBLランサー101とアルテック604を
現代アンプ13種で鳴らす
往年の名スピーカーJBL L101と
アルテック“銀箱”を
最新パワーアンプはいかに鳴らすか

——テスター=篠田寛一/高津 修

JBL、アルテックのヴィンテージ米国スピーカーシステムと現代の管球式アンプの組合せで、いかに魅力的な音が聴けるか。直熱3極管から多極管まで多様な出力管、回路形式のパワーアンプを組み合わせ、徹底試聴で探ります。

[試聴アンプ]

〈300B〉エイフルAsano 300B Single、サンバレーSV91BIII、山本音響工芸A09S、〈2A3〉サン・オーディオSV2A3TSX、〈845〉トライオードTRV-P845SE、〈6AS7G〉SDサウンドMA200、〈KT66〉クォードQUAD II-Classic、〈EL34〉ウエスギU・BROS33MKII、〈KT88〉ヒノオーディオHG-KT88S Tango、ラックスマンMQ88u、エアータイトATM2、〈KT90〉EAR EAR 890、〈KT120〉オクターブRE290

実験工房
抵抗”新旧14種のブラインド試聴

テスター=新 忠篤/佐藤隆一/小林 昭、「抵抗について」=大西正隆

前号のコンデンサーに続き、アンプ製作に欠かせないパーツである“抵抗”の音質を聴き比べます。現行11種、ヴィンテージ3種の、新旧14種をラインアンプのプレート抵抗に用いてランダムな順番でブラインド試聴し、銘柄や価格の先入観なしに音質をリポートします。

[試聴した“抵抗”]

●現行=タクマン電子(RLF1SJ)、利久電器(RS2B)、KOA(MOS2C)、KOA(MOS3C)、タクマン電子(REY75FY)、イーグローバレッジ[TDO](RSN2SC)、KOA(SPR5C)、タクマン電子(RSBS20)、デール(RS2)、アムトランス(AMRG)、デール(NS5)
●ヴィンテージ=TDO(SN1J)、アーレン・ブラッドレー(カーボン抵抗)、理研電具(リケノームRM2)

WEの大型バッフルM5システムの魅力を聴く

——新 忠篤/篠田寛一/土井雄三

1937年に登場した、ウェスタン・エレクトリック(WE)「ミラフォニック・サウンド・システム」M5スピーカーシステム。WE TA4181Aウーファー、WE 555ドライバー+WE 25Aホーンを用いた2ウェイ構成の大型バッフルシステムを試聴して、その魅力を探ります。

[試聴パワーアンプ]

WE 1086A、WE 41A+42A+43A、WE 91Replica

新連載「クラングフィルムの歴史とドイツの名機たち」
第1回 クラングフィルムの設立からオイロダインまで

——小林正信

初期のトーキーシステムの最高峰としてヨーロッパを代表するドイツ・クラングフィルム社。戦後も発展を続け数多くの劇場用システムを供給した同社の卓越したオーディオ機器を、歴史的な考察と実物の取材で探る新連載です。

マイ・ハンディクラフト

『管球王国』筆者の熟達した設計による新作アンプを発表します。回路解説、実体配線図と回路図、パーツリストとともに、管球式アンプ製作の過程と完成した実機を、試聴インプレッション交えて紹介します。

新 忠篤◎可変カーブ型モノーラル・フォノイコライザーAEQ1
モノーラルLP、SP盤を正確なイコライジングで再生するための可変カーブ型フォノイコライザー。重量級アルミボックスで振動対策を入念に施し、電源部は独立。特性に優れた傍熱管5670を用いたノンNFBのCR型で、力強いヴォーカルが愉しめます。

那須好男◎45シングル・ステレオパワーアンプ
音のよさで人気の高い直熱3極管45のシングルアンプです。電源投入時の電圧変動に配慮してSRPP回路と傍熱整流管GZ32を採用した改良ロフティンホワイト回路を採用。シンプルな設計で45を直結ドライブし、端正でヴィヴィッドな音が愉しめます。

大西正隆◎300Bシングル・ステレオパワーアンプ
HK21 MOS-FETを用いたインピーダンス変換のためのバッファー回路を搭載するソースフフォロワー方式の無帰還300Bシングルアンプです。1段増幅ながら低インピーダンス駆動で出力管を充分にドライブし、素直で斬新な300Bアンプの音が愉しめます。

 

「CD/SACDディスク再生の素晴らしさを再探訪」傅 信幸

CDは2012年の秋に30歳を迎えます。デジタル・ファイルミュージックが喧伝される現代に、ディスクでしか聴けない音の充実感、たっぷり感を改めて探ります。

[試聴モデル]

エソテリックK07、K05、D07X、ラックスマンD06

「日欧=伝統と革新のカートリッジ試聴/オルトフォンとフェーズメーション」小原由夫

欧州老舗ブランド、現代的なアナログ再生を追求する国内ブランドが送り出す意欲的なアッパークラスMCカートリッジの魅力を徹底的に探ります。

[試聴MCカートリッジ]

オルトフォンMC Anna、オルトフォンMC Xpression、フェーズメーションPP1000、フェーズメーションP1G

連載「Private Sturdy」角田郁雄
アクティヴな音作りで音楽を楽しむ

フラットに近い特性を得るだけでない、レコードやCDの音を変化させて自分の好みで音楽を楽しむ、イコライザーを使ったアクティヴな音作りを実践します。

[試聴モデル]

アキュフェーズDG48、SPL Model 9738 Qure、コニシス研究所NVKD04、FMアコースティックスFM133

“新品未開封”ガラード301稼働から1年
アイドラー/ベルト/ダイレクトと3つの異なる駆動方式のプレーヤーの音

——篠田寛一

未使用未開封の状態で入手した往年の名プレーヤー、ガラード301を本格的に使い始めて約1年が経過した本誌筆者の篠田寛一氏が、ガラード301、テクニクスSP10MkII、トーレンスTD521という、駆動方式の異なる3台のアナログプレーヤーの音の違いをリポートします。

WE555ドライバーを現代に復刻

——新 忠篤/常盤 清

振動板のバックチャンバーに取り付けるプレート部がメッシュ状のWE555初期モデルを山形のGIPラボラトリーが復刻し、製作した新型ドライバーGIP555W。デジタルチャンネルデヴァイダーのアキュフェーズDF55によるマルチ駆動も含め、励磁型3ウェイシステムで試聴します。

管球アンプ自作派大集合 特別篇

自作派の方々に、自信作をかたわらに真空管との出会いや音楽の愉しみ方をうかがう連載企画です。今号は、長野県松本市の読者のログハウスを訪問する特別篇です。4名の読者にご登場いただき、多様な規格に対応する電源回路と多種ソケットを載せたユニバーサル型のシングルアンプ、ヒーターとバイアスを電池で供給する直熱管3A5によるフォノイコライザーアンプ、大型ホーンスピーカーに合わせて設計したWE205Dシングルアンプを試聴します。

読者訪問
マンションでフルオーケストラを愉しむタンノイとキットアンプ愛好家

マンションをリフォームして施工した、音のいい部屋として知られる石井伸一郎氏設計のリスニングルームで、タンノイのスピーカーと管球式キットアンプによるフルオーケストラの再生を愉しむ読者を訪ねます。

2012春の注目新製品試聴

テスター=新 忠篤/小原由夫/篠田寛一/角田郁雄/傅 信幸

この春に登場する話題の管球式アンプやスピーカー、アナログ関連製品などのニューモデルを試聴、その特徴と音質を検証します。今号は新登場の真空管ほか、管球式インテグレーテッドアンプが充実です。

管球王国・実践ラボラトリー

「5フィート平方・平面バッフルでの3ウェイ化に挑戦」土井雄三
10インチ径フィールド型ウーファーRCA MI1433、WE555ドライバー+WE 3Aホーン、WE 597Aトゥイーターを組み合わせ、WEのシアター用バッフルを参考に設計した平面バッフルで、低音の量感や奥行き感を備えた3ウェイシステムの構築に挑みます。

「励磁電圧の調整でフィールド型スピーカーを心地よく鳴らす」新 忠篤
励磁電圧を調整することで、家庭のリスニングルームで強いと感じられるフィールド型システムの音質をコントロールするテクニックを実践します。電源回路にコンデンサーを追加することによる音質の変化も探ります。

管球王国インタビュー——オクターブ/アンドレアス・ホフマン氏

聞き手=三浦孝仁

音遊空間——音楽とオーディオに浸れる極上スポット

ワインバーALTEC(神奈川・横浜市)

真空管&ヴィンテージ&パーツ・ショップをリポート

◎楽鳴舎(東京・神保町)
◎ISラボ(東京・秋葉原)

Stereo Sound STORE Copyright © 2013- all right reserved.