ご利用ガイド
 
   

バックナンバー取扱店
イベント
NEWS一覧

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

休業日 
発売日
営業時間 9:30-18:00
※土日祝日除く

StereoSound

StereoSound

CATALOG
ステレオサウンドストア取扱商品リストをPDFでご覧いただけます。
Store Item List

SSLとは?


JASRAC許諾番号:
S0904102073


SP02AV【パーツセット】(アクティヴ型ボリュウムコントロールボックス・AV仕様)

¥ 138,000 (税込)
  発売日:2015年1月28日     海外発送:不可
カゴに入れる

型番:
sp02av-partsset

唐木志延夫氏設計/製作の高音質ボリュウムコントロールボックスSP02にバイパスポジションを装備したAVシステム仕様。

●本商品はパーツセット(キット)でのお届けです。組み立てには半田付けなどの作業をお客様ご自身で行なっていただく必要がございます。



ピュアオーディオ仕様のスタンダード版(SP02)、バイパスポジションを装備したAVシステム仕様(SP02AV)の2種類から、それぞれ完成品/パーツセットをお選びいただけます。

SP02 完成品 販売価格:168,000円(税・送料込)
SP02 パーツセット 販売価格:138,000円(税・送料込)

SP02AV 完成品 販売価格:168,000円(税・送料込)
SP02AV パーツセット 販売価格:138,000円(税・送料込)

※沖縄、および離島への送料は、別途お見積りとなりますので、ご注文前にステレオサウンド販売部までお問い合わせください。

本商品はメーカー直送でお届けいたします。
ヤマトコレクト便利用不可

 


映像/音響システムのためのバイパス入力を装備するAV仕様が誕生。
P&Gフェーダー搭載・アクティヴ型ボリュウムコントローラー



 英国P&G製スライドフェーダーと高音質オペアンプを組み合わせたアクティヴ型ボリュウムコントロールボックスSP02。SP02AVは、AVシステム仕様として設計された兄弟ヴァージョンだ。

 SP02AVは、RCAアンバランス端子のバイパスポジション1系統を装備する。AVセンターのフロントL/Rプリアウトをバイパスポジションに入力する一方、LINE入力2系統にSACD/CDプレーヤーなどの機器を接続することで、マルチch再生と2chを統合するセッティングがスマートに構築できる。

 ソース機器の音を高S/N、高解像度で再生できるアクティヴ型音量コントローラーとしての持ち味、ステレオ/モノーラル切替えスイッチ装備の仕様は、SP02、SP02AVとも共通。SP02AVは、AVシステム、2ch再生システムを拡張するための力強い味方になるはずだ。


製品レビュー『これぞ趣味の逸品』 亀山信夫 (HiVi2015年2月号掲載)


 ふたつの真っ赤なツマミが印象的な100㎜ストロークのフェーダーを搭載したアクティブ型ボリュウムコントロールボックス……。簡単に言えば、著名なプロ用フェーダーを使ったプリアンプだ。モデル名はSP02AV。もちろん末尾のAVは私たちAVファンのために設計されたことを表し、「バイパス機能」を装備する。

 実は既に、「バイパス機能なし」の、いわゆるピュアオーディオ仕様のSP02が本機の母体として存在している。英国P&G製フェーダーや厳選の高性能オペアンプ等々による素晴らしいパフォーマンスが先行して話題の、電源別体のユニークなプロダクトだ。

 そのSP02をわが家で試用して、まず驚いたのがS/N感。高感度なパワーアンプや100dBの高能率スピーカーと組み合せても抜群のS/N感で、ただならぬ気配感を醸し出す。無音という音にこだわったかのようである。

 滑らかな動きのフェーダーを上げると、これまた驚きの音が現出。無音世界からキレ味のいい鮮やかな音が勢いよく飛び出すのだ。弛緩なき低域も特徴的で、タイトかつスピード感に富む。ちなみにSP02は、完成品とキットを擁し、リーズナブルな価格でオーディオのクォリティと楽しさを気づかせてくれる。言わば本格オーディオへの誘いを使命に開発されたモデルと解釈できよう。

 試用した印象では、やはりフェーダー自体の出色な操作フィーリングを讃えたい。プロ用ならではの滑らかな動きが指先の皮膚感覚で味わえ、繊細微細なコントロールも、カットインやカットアウト的なクイック調整も意のままに行なえる。反応の緩い電子ボリュウムを搭載する機器が増えているが、本機では機械式ゆえに時間差なき“瞬間反応”で、これぞピュアオーディオの醍醐味だと合点できる。

 さて、皆さんの音量設定は音楽ジャンルや制作年代、レーベルなどで違っていないだろうか。視聴の時間帯(昼か夜か)によって音量に違いはないだろうか。もちろん、違うはずだ。とすれば、ボリュウムは常に操作対象であり、再生システムの要中の要である。
 しかも音量設定は作品の印象を変えてしまうほどにデリケート。だからオーディオの先達は、“皮一枚”と表し、その調整にこだわってきた。そんなことを思い出させるのがSP02である。

 そこで「その魅力を紹介せよ」となった次第……だが、このピュアオーディオ仕様はちょっと惜しいと思った。と言うのは、もし「バイパス機能」が付いていれば、私たちAVファンにもCDプレーヤーなどのピュアオーディオの機器が容易に追加でき、逆にピュアオーディオファンにはAVセンターの接続が容易、という大きなメリットを生むからだ。

 そんな感想を管球王国のT編集長に話すと、何と1週間後、入力3系統のSP02を母体に、入力2系統+バイパス1系統のSP02AVが誕生した次第。右図の通り、常用のアキュフェーズのプリアンプとそっくり入れ替えて、音や操作性などを確かめた。

 当初、モノーラル2本のフェーダー操作で、左右のレベルを揃えセンター音像を出すことはかなり難しいのでは……と思っていたが、意外や少々の訓練で使いこなせている。むしろ、ステレオボリュウムの、特に小音量域でのギャングエラー(左右差)に悩まずに済み、好ましくも思う。それに、背面に備わるステレオ/モノ切替えスイッチをモノにすれば、お手本となるセンター音像が簡単に生成でき、さらに容易である。また、モノの位置で音像がずれるなら、まずはスピーカーの設置位置を確認したい。この機能は、本来はモノカートリッジの音をステレオスピーカーで再生するのが狙いだが、使い道は広い。いずれにしても本機は、本格オーディオへの入門機にして、なかなかのスグレモノである。

SP02AVSP02AVSP02

製品仕様

・型名:SP02AV(AV仕様・パーツセット)
・入力端子:LINE2系統(RCAアンバランス)、バイパス1系統
・出力端子:LINE1系統(RCAアンバランス)
・入力/出力インピーダンス:100kΩ/47Ω
・寸法/重量:約W150×H70×D200mm/1.4kg(本体部)、約W70×H50×D100mm/0.4kg(電源部)、いずれもツマミ・端子部を除く
・備考:ステレオ/モノーラル切替えスイッチ装備
・詳しい組み立て方解説書付き




●製作とメインテナンスはオーロラサウンド(株)が行ない、製品はオーロラサウンド(株)より直送されます。納期はご注文確定後、完成品が約3週間、パーツセットが約2週間です。
●本製品は受注生産のため、お客様都合によるご注文後のキャンセル/返品はお受けできません。あらかじめご了承ください。
※沖縄、および離島への送料は、下記までお問合せください。


発送・不具合に関するお問合せ:(株)ステレオサウンド [email protected]

商品の仕様に関するお問合せ :オーロラサウンド(株) 電話番号 045(953)6708



Stereo Sound STORE Copyright © 2013- all right reserved.