ご利用ガイド
 
   

バックナンバー取扱店
イベント
NEWS一覧

7
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

休業日 
発売日
営業時間 9:30-18:00
※土日祝日除く

StereoSound

StereoSound

CATALOG
ステレオサウンドストア取扱商品リストをPDFでご覧いただけます。
Store Item List

SSLとは?


JASRAC許諾番号:
S0904102073




小椋 佳 《彷徨》(アナログレコード)

¥ 8,640 (税込)
  発売日:2015年11月23日     海外発送:可
売り切れ soldout

著者名/演奏者名:
小椋 佳
型番:
SSAR-002

●限定1,000枚
●33回転 180g 重量盤

※本商品を含む複数の商品を同時にご注文いただいた場合は、すべての商品が揃い次第の発送となります。発送時期の異なる商品の個別発送はお受けいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

 

小椋佳《 彷徨 (さまよい) 》復刻盤。

小椋佳《 彷徨 (さまよい) 》復刻盤。
限定1,000枚
重量盤



【クリックで拡大】

↑クリックするとPDFがご覧になれます


オリジナルは1972年に発売された小椋佳3枚目のアルバムです。この盤はLP史上記録に残る大ヒットとなり、発売後5年の間に100万枚を超えるセールスを記録したモンスターアルバムとして知られておりますが、小椋佳の楽曲の素晴らしさはもちろんですが、オーディオ的なサウンドに優れた名盤として、オーディオファイルの間では語り継がれてまいりました。今回そのオリジナル盤のマスターテープを使用して限定重量盤として復刻いたしました。若かりし小椋佳の艶やかで伸びのあるボーカルが、オリジナル盤のクオリティを超えて今、43年の時を経てLPでよみがえるわけです。往年のオーディオファイル必携のアルバムです。


収録曲

    A

  1. しおさいの詩
  2. 春の雨はやさしいはずなのに
  3. 雨が降り時が流れて
  4. 木戸をあけて
  5. 小さな街のプラタナス
  6. 六月の雨
  7. この汽車は

  8. B

  9. 白い浜辺に
  10. あの人がいってしまう
  11. 少しは私に愛をください
  12. あいつが死んだ
  13. 屋根のない車
  14. この空の青さは
  15. さらば青春


名エンジニア武沢茂、
オリジナルマスターより入魂のカッティング!

ステレオサウンド・アナログ・レコード・コレクションのレコードは、ステレオサウンド・フラット・トランスファー・シリーズと同様に、最大限のサウンドへのこだわりを持って制作しております。

オリジナルスタジオマスターテープを保有するユニバーサル ミュージック合同会社のマスタリング・スタジオにて、同スタジオエンジニア吉野謙志氏とともに、日本コロムビア(株)の名カッティング・エンジニア武沢茂氏立会いの元、チューニングを追い込んだスチューダー「A820」アナログテープレコーダーにて、唯一無二のオリジナル・アナログ・マスターテープを再生、それをデジタル・オーディオ・デンマーク社「DAD AX32」で96kHz/24bit デジタルデーターに何の加工を加えることなくフラット・トランスファー。

こうして作成されたデジタルマスターを、武沢氏のホームグラウンド、日本コロムビア(株)のカッティング・スタジオに持ち込み、「DCS952」でD/A変換の後、日本コロムビア・カスタムメイド・アナログ・ミキシング・コンソールにてマスタリング。

通常のアルバム制作では、一枚のアルバムをもって一作品としてとらえるため、録音したスタジオや録音の時期、そして録音エンジニアが異なるといった際に必ず生じる各楽曲のサウンドギャップを、ここで均一にしようとする配慮がなされるのが一般的ですが、このレコードは個々のマスターに込められた録音時のサウンドの個性を第一に優先し、アルバム全体の音質を一定化するといった調整は一切していません。

ラッカー盤は、島倉千代子さん、美空ひばりさんの制作に携わった名匠・武沢茂チーフエンジニアが、ノイマン製 SAL74Bカッティング・アンプ/ VMS70 カッティングマシン/ SX74カッターヘッドを駆使してカッティング。

カッティング針は、今回のレコードに収録されている楽曲の持つサウンドとラッカー盤との相性を考慮し、今回はADAMANT製サファイア針を採用しています。

こうして出来上がったラッカー盤は、東洋化成(株)に移され、ラッカー盤から直接マスタースタンパーを制作。通常のプレス工程では、ラッカー盤からメタルマスター、次にメタルマザーを経てマスタースタンパーが出来あがり、こうして制作されたスタンパーを使用してLP盤がプレスされますが、今回はラッカー盤から直接マスタースタンパーを制作する手法を採用しています。これは限定盤だからこそ出来る方法で、これにより圧倒的に鮮度の高い音質を得ています。

テストプレス盤のサウンドチェックも入念に行っており、プレス工程の音質的な最適条件を得るために、幾多のテストプレスを繰り返し、ラッカー盤に最も近い音質に追い込んでいます。

今回は重量盤を採用していますが、重量盤と通常盤をテストプレスして比較試聴を行った結果、重量盤の方が音質的にラッカー盤のサウンドに近い温かさを持ち合わせていたことが、重量盤採用の決め手となりました。

オーディオ愛好家の皆様には、ぜひともご自身の愛聴機で、一曲、一曲、入魂のサウンドをご堪能いただけることを願っております。




Stereo Sound STORE Copyright © 2013- all right reserved.