ご利用ガイド
 
   

バックナンバー取扱店
イベント
NEWS一覧

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

休業日 
発売日
営業時間 9:30-18:00
※土日祝日除く

StereoSound

StereoSound

CATALOG
ステレオサウンドストア取扱商品リストをPDFでご覧いただけます。
Store Item List

SSLとは?


JASRAC許諾番号:
S0904102073


管球王国 Vol.79 2016年 Winter

¥ 2,808 (税込)
  発売日:2016年1月28日     海外発送:可
売り切れ soldout


雑誌コード:67969-54
ISBNコード:978-4-88073-375-3

▶管球王国のバックナンバーはこちらから

■送料について
送料はこちらからご確認ください。

 

■お詫びと訂正■

本誌79号77頁に掲載のフォステクスのスピーカーの価格に誤りがありました。正しくは下の通りです。訂正して関係各位ならびに読者の皆様に深くお詫びいたします。

フォステクスG1001MG ¥300,000(ペア、税別)

主な内容

  • 最新プリアンプが聴かせる世界

    テスター=高津 修/篠田寛一
    プリアンプはシステム全体の音を決める大きな役割を果たします。多彩な設計の管球式プリアンプ最新モデルを、内蔵フォノイコライザーによるアナログレコード再生も交えて試聴します。詳細な回路解説も掲載。それぞれの設計の特徴が表れた音の魅力を明らかにします。
    • [試聴アンプ]
      アンディクス・オーディオPRA01CR、春日無線変圧器KA25RK mkII、サン・オーディオSVC200、山本音響工芸CA04、サンバレーSV300LB、ラックスマンCL38u、EAR EAR 834L Deluxe、エアータイトATC2HQ、ウエスギU・BROS280、アコースティック・アーツTUBE-PREAMP II、オーディオ・マエストロFascination711、ナグラJAZZ、マッキントッシュC1100、ジュノンREFERENCE ONE、オーディオ・ノートG70、オクターブHP700、フェーズメーションCA1000、オーロラサウンドSP02
  • 1940〜70年代に活躍したミドルサイズスピーカーの魅力を探る
    テスター=新 忠篤/篠田寛一/土井雄三
    1940〜70年代に活躍したブックシェルフ型あるいは中型フロアー型のスピーカーシステムと、それらに相応しいコンパクトな新旧の真空管アンプの組合せで、スピーカーの持ち味を生かした魅力的な音をいかに引き出せるか、実践試聴します。
    • [試聴スピーカー]
      RCA MI-1306-1、アルテック849A、エレクトロボイスBaronet、ユニヴァーシティS-3TM、アルテック834A“Monterey”、ジェンセンTR-10U“TRi-ette”、グッドマンAL120、アルテック879A“Santana”
      [試聴アンプ]
      ◎ヴィンテージ機=RCA BA3C、RCA MI9335A、リークVarislope Stereo Control Unit+Stereo 20 ◎現行機=トライオード300 Night Black、アコースティックマスターピースAM210、サンバレーSV128B KT120 ver.
  • 「Vintage Analogue」トーンアームの比較試聴(9-10インチ、ユニバーサル型)
    テスター=新 忠篤/古屋 明/箕口勝善
    新旧合わせて11モデル(ダイナミックバランス型4モデル、スタティックバランス型7モデル)のユニバーサル型トーンアームを比較試聴します。
    • [試聴トーンアーム]
      ◎ヴィンテージ機=フィデリティ・リサーチFR-64S、SME 3010R Gold、SME 3009/S2 improved、SME 3009 Series II、SME 3009 original、オルトフォンRMG212、オルトフォンSMG212 ◎現行機=イケダIT-345CR1、SME M2-9R、オルトフォンRS212D、オルトフォンAS212S
      [リファレンス・プレーヤー]
      ラックスマンPD171AL(アームレス)
      [リファレンス・カートリッジ]
      シュアーV15 Type II(ヴィンテージ・軽針圧)、フェーズメーションPP1000(現行・中針圧)、オルトフォンSPU-G/GE(ヴィンテージ・重針圧)
  • 実験工房 300Bシングル用出力トランス15機種の聴き比べ
    テスター=新 忠篤/高津 修/岡田 章
    300Bシングル用出力トランス15機種を試聴ます。出力トランスに直流を流さないパラレルフィード方式を採用する単段パワーアンプによる試聴で、それぞれのストレートな素性を探ります。
    • [試聴トランス]
      ノグチトランスPMF10WS、春日無線変圧器KA2535S、染谷電子A86-35K4816S、ノグチトランスFM6WS、タムラF913、エイトリック トランスフォーマーE10-3S、橋本電気H203S、マグネクエストTFA2004、橋本電気H20-3.5U、P&C P809-3k、タンゴXE20S、ルンダールLL1620/80mA、タムラF2007、ノグチトランスFM50WS-3k、イチカワITS20W
  • 「Private Study/先進機構を持つアナログプレーヤー競演」角田郁雄
    独創的な機構を装備し、アナログレコードの高解像度再生が可能な先進のアナログプレーヤーを試聴し、それぞれが持つ独自のキャラクターを探ります。
    • [試聴プレーヤー]
      トランスローターZET3+TR5009、オラクルDelphi MkVI Gen-2+ORACLE SME345、バーグマンMagne、テクダスAir Force III+グラハムPhantom ELITE、リードMuse 3C+Reed 3P
  • 「最新・国産ハイグレード・カートリッジ試聴」小原由夫
    先進的で精細な設計・製作技術が投入される国産カートリッジならではの音の魅力を最新モデルの試聴で探ります。設計者の音作りの姿勢もアンケートで明らかにします。
    • [試聴モデル]
      オーディオテクニカAT150Sa、ZYX R100EX、シェルターAccord、フェーズメーションPP2000、ミューテックRM-KANDA零(ZERO)、エクセルサウンド悦郎・漆、マイソニックラボSignature Platinum
  • 「録音の真実 アナログとデジタル」第1回 常盤 清
    録音システムの変遷の中、機材をフルに生かすためには様々なテクニックが尽されたアナログとデジタルそれぞれの録音現場での工夫と苦労、エンジニアとしての実体験を常盤 清氏が振り返ります。
  • マイ・ハンディクラフト
    『管球王国』筆者の熟達した設計による新作・管球式アンプを発表します。回路解説、実体配線図と回路図、パーツリストとともに、製作の過程、完成した実機を、試聴インプレッションを交えて紹介します。

    是枝重治◎EL84プッシュプル・インテグレーテッドアンプFascination79の製作
    往年の英国アンプ、ファーガソン300GRアンプに範を取り、前段と直結のEL84出力段で位相反転動作を行なうインテグレーテッドアンプです。CR/NF型のトーンコントロール搭載で、最大出力は7W+7Wです。タンノイ・オートグラフを浮遊感に満ちた優雅な音で鳴らし、ヴィンテージ大型スピーカーとも絶妙のマッチングを示します。

    Fascination79 頒布のお知らせ
    Fascination79の完成品をステレオサウンドストアで販売いたします。
    ≫販売ページはこちら
  • プロのスピーカーセッティング術&管球式アンプでスタジオの音は変わるか?
    赤川新一×佐藤隆一
    一般的な住居の部屋と同じ環境のスタジオでマスタリングやミキシングを行なう録音エンジニアの赤川新一氏に、音響クリエーターの佐藤隆一氏がスピーカー・セッティングのノウハウをインタビューします。管球式アンプでモニタースピーカーの音がいかに変わるかも実践取材。
  • ヴィンテージ・レコード店主のアナログ生活
    東京・新宿 Hal's(ハルズ)池田晴彦氏

    新宿のヴィンテージ・ジャズ・レコードショップHal's(ハルズ)店主の池田晴彦氏に、アルテック820Aのユニットを交換した大型スピーカーを中心とする自宅リスニングルームでのオーディオシステムとレコードの楽しみ方、さらにプロならではのレコードのクリーニング術を聞きます。
  • 実践ラボラトリー「アナログプレーヤー直結でDSDファイル化」 新 忠篤
    アナログレコードプレーヤー直結によるDSDファイル化を実践し、そのメリットと音質を探ります。さらにPCを介在させないSDカードによるDSD再生の魅力を探ります。
    • [試聴モデル]
      コルグDS-DAC10R、オンキヨーDAC-HA300、ティアックHA-P90SD
  • 「クラングフィルムの歴史とドイツの名機たち」小林正信
    オイロパ・クラルトン
    ベルリン・オリンピックが開催された1936年にクラングフィルムの劇場用システムの中核だった「オイロパ」が「オイロパ・クラルトン」にモデルチェンジしました。スピーカー部は約1.5mと「オイロパ」から音道が大幅に長くなったホーン2本と1基ずつのドライバー、70cmウーファーで構成される大型システムです。用いられたアンプも含め、これまでほとんど情報のなかったヴィンテージオーディオの頂点のひとつといえるシステムを詳細に解説します。
  • 『DigiFi』の付録ユニットを2タイプの箱で聴く
    篠田寛一
    姉妹誌『DigiFi』19、20号付録のフルレンジユニットとスーパートゥイーターを専用エンクロージャア・キットにマウントした2ウェイ・システムの実力を検証します。
  • 2016冬の注目新製品試聴
    テスター=小原由夫/篠田寛一/角田郁雄/傅 信幸
    この秋に登場する話題の管球式アンプやスピーカー、アナログ関連製品などのニューモデルを試聴し、特徴と音質を検証します。今号は大型パワーアンプ、スピーカーシステムが充実です。



Stereo Sound STORE Copyright © 2013- all right reserved.