ご利用ガイド
 
   

バックナンバー取扱店
イベント
NEWS一覧

5
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

休業日 
発売日
営業時間 9:30-18:00
※土日祝日除く

StereoSound

StereoSound

CATALOG
ステレオサウンドストア取扱商品リストをPDFでご覧いただけます。
Store Item List

SSLとは?


JASRAC許諾番号:
S0904102073




J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)(DSD11.2MHzデータ収録BD-ROM)

¥ 15,120 (税込)
  発売日:2017年12月5日     海外発送:可

著者名/演奏者名:
ヤーノシュ・シュタルケル(チェロ)
型番:
SSHRB-005

■ディスク形態:DSD11.2MHz/DSFファイル収録BD-ROM
■解説:嶋護
■ステレオサウンド独占販売品(一部のオーディオショップを除く)

※本ディスクは一般のブルーレイディスクプレーヤーでの読込み、再生はできません。ご注意ください。再生については、本ページ内の【デジタルファイル再生のご注意】を必ずご覧ください。

ステレオサウンドの映像・音楽ソフトはこちらから

■送料について
送料はこちらからご確認ください。

 




空前の再生音楽体験をもたらす、史上最高の音楽ソフト

 『永遠の価値を持つ名演奏・名録音』、そのオリジナル・マスターテープからダイレクトに高品位フォーマットDSD11.2MHzにデータ化して収めたBD-ROMのクラシック編。

 本商品はロンドンのマスタリングスタジオ「Classic Sound Ltd UK」において、英国保管のオリジナル・アナログ・マスターテープの音声を、ダイレクトに11.2MHzのDSD信号に変換したものです。デジタル化の作業を手掛けたのは、ジョナサン・ストークス氏とニール・ハッチンソン氏という、デッカにゆかりの深いベテラン2人。この名エンジニア達が、『限られた制作関係者のみが聴くことが可能だったマスターテープの音を、そのままオーディオファイルの元にお届けする』という商品コンセプトに基づいて、アナログ・マスターテープの音をフラットトランスファーしてDSD信号を制作しています。DSD化にあたっては、当然のことながら、超低域のカットはおろか、音を聴きやすくするためのイコライジングやマスターテープに起因するノイズカットおよびドロップアウト等の補正処理を一切行なっておりません。このBD-ROMに収められている11.2MHzのDSFファイルは、まさにオーディオファイルの多くが夢見る「オリジナル・マスターテープの音」そのものと言って過言ではないのです。しかもラインナップするタイトルは最高峰の名録音・名演奏だけ。

 現在、入手できる最上流のマスターテープからこれ以上を望めない最高の条件下で制作した11.2MHz・DSDの音を、ぜひとも本格オーディオ・システムで再生いただき、空前の再生音楽体験を味わってください。



Hi-Resolution Master Sound

The best playback mediums ever known
enable us to obtain a blissful moment never experienced before


Listening to excellent pieces of music of great performances and high quality sound-recordings is a blissful moment for all audio enthusiasts.

There are a lot of original analog master tapes that contain the greatest performances and high quality sound-recordings of all time in history. However, they are often buried in archives or storerooms of record companies all over the world, holding eternal values without being shed light on their existence.


We have dug them out, and with state-of-the-art techniques, digitized their audio signals and directly transferred to BD-ROMs in the format of DSD256 (11.2MHz).

It is a great pleasure for us to introduce you such exceptional music discs from our Audio Masterpiece Collections as the Hi-Resolution Master Sound classic series BD-ROMs.

These BD-ROMs have been produced in accordance with our convictions that the conclusive music file which contains the ultimate high quality of sound is none other than the original master tape itself because, if it has been kept well-preserved, it must hold a great amount of unspoiled sound information, so we shall share the joy of listening to such pure and genuine sound── the privilege which is only given to exclusively limited persons involved in the recording process.

The original analog master tapes we used as a production master for the BD-ROMs were the ones which had been stored in the UK.
The digital editing was done in the studio of Classic Sound Ltd, by Jonathan Stokes, who had been a sound engineer at the Decca Record before leaving the company in 1997 to found the Classic Sound, and by Neil Hutchinson, co-founder of the Classic Sound.

In the process of digital transfer, we consciously avoided applying treatments such as cutting of super low level frequency, equalizing, noise reduction and offsetting of dropouts (noises and dropouts which had been attributed to the master tape were kept intact). This means that the sound of the BD-ROMs, the DSF audio files with 11/2MHz, is just like listening directly to the actual original master tape itself── the sound that lots of audiophiles are dreaming of.
And all titles listed in this series are the ones of the greatest performances and high quality sound-recordings of all time in history.

Please play them on your high-end audio components and enjoy the ultimate sound of our Hi-Resolution Master Sound classic series BD-ROMs.
These are the unparalleled music mediums which have been produced under the ideal circumstances with the currently most advanced techniques from the original master tapes, which are as close to being present in the recording studios as we will ever be able to come.



J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)

バッハの奇跡のような音楽をみずみずしいまま引寄せる

 チェロの音像はやや大きめだが、中程度のパースペクティヴにホログラフィックな形を保つ。ローレベル・テクスチュアやナチュラルな音色は、驚異的な水準にある。弦が指板にぶつかる音や呼吸音が距離感をともなって届けられるのはともかく、重音はもちろん単音のパッセージでも、レゾナンスによってスペースに生み出される和音が壮大な音の建築物を出現させる。その場を世界の中心に変えてしまうような感動的な録音だと言ったら過ぎるだろうか。

(弊社発行 嶋護著「クラシック名録音・究極ガイド」より抜粋)  

収録曲


ヨハン・セバスティアン・バッハ
Johann Sebastian Bach

無伴奏チェロ組曲 BWV 1007-1012
Six Suites for Solo Cello, BWV 1007-1012

第1番 ト長調 BWV1007
No.1 in G major, BWV 1007


1. 第1曲 プレリュード  [2:27]
1. Prelude


2. 第2曲 アルマンド  [4:30]
2. Allemande


3. 第3曲 クーラント  [2:25]
3. Courante


4. 第4曲 サラバンド  [3:22]
4. Sarabande


5. 第5曲 メヌエットI/II  [2:56]
5. Menuet I/II


6. 第6曲 ジーグ  [1:37]
6. Gigue


第2番 ニ短調 BWV1008
No.2 in D minor, BWV 1008


7. 第1曲 プレリュード  [3:16]
1. Prelude


8. 第2曲 アルマンド  [2:48]
2. Allemande


9. 第3曲 クーラント  [1:26]
3. Courante


10. 第4曲 サラバンド  [3:40]
4. Sarabande


11. 第5曲 メヌエットI/II  [2:35]
5. Menuet I/II


12. 第6曲 ジーグ  [1:37]
6. Gigue


第3番 ハ長調 BWV1009
No.3 in C major, BWV 1009


13. 第1曲 プレリュード  [4:15]
1. Prelude


14. 第2曲 アルマンド  [2:55]
2. Allemande


15. 第3曲 クーラント  [2:11]
3. Courante


16. 第4曲 サラバンド  [3:20]
4. Sarabande


17. 第5曲 ブーレI/II  [3:13]
5. Bourree I/II


18. 第6曲 ジーグ  [2:06]
6. Gigue

第4番 変ホ長調 BWV1010
No.4 in E flat major, BWV 1010


1. 第1曲 プレリュード  [4:06]
1. Prelude


2. 第2曲 アルマンド  [2:47]
2. Allemande


3. 第3曲 クーラント  [2:32]
3. Courante


4. 第4曲 サラバンド  [3:24]
4. Sarabande


5. 第5曲 ブーレI/II  [3:53]
5. Bourree I/II


6. 第6曲 ジーグ  [1:35]
6. Gigue


第5番 ハ短調 BWV1011
No.5 in C minor, BWV 1011


7. 第1曲 プレリュード  [6:47]
1. Prelude


8. 第2曲 アルマンド  [4:13]
2. Allemande


9. 第3曲 クーラント  [2:07]
3. Courante


10. 第4曲 サラバンド  [2:44]
4. Sarabande


11. 第5曲 ガヴォットI/II  [4:05]
5. Gavotte I/II


12. 第6曲 ジーグ  [2:33]
6. Gigue


第6番 ニ長調 BWV1012
No.6 in D major, BWV 1012


13. 第1曲 プレリュード  [4:41]
1. Prelude


14. 第2曲 アルマンド  [4:35]
2. Allemande


15. 第3曲 クーラント  [2:35]
3. Courante


16. 第4曲 サラバンド  [3:22]
4. Sarabande


17. 第5曲 ガヴォットI/II  [3:36]
5. Gavotte I/II


18. 第6曲 ジーグ  [2:42]
6. Gigue


ヤーノシュ・シュタルケル(チェロ)
Janos Starker, Violoncello

録音: 1963年4月15日(第2番)、1963年4月15、17日(第5番)、1965年9月7日(第1番)、
1965年9月7、8日(第6番)、1965年12月21、22日(第3番、第4番)
ニューヨーク、ファイン・レコーディング・スタジオ


Recording: Recording: Ballroom Studio A, Fine Recording, New York, 15 April 1963 (No. 2), 15 & 17 April 1963 (No. 5),7 September 1965 (No. 1), 7 & 8 September 1965 (No. 6), 21 & 22 December 1965 (Nos. 3 & 4)
Recording Director and Musical Supervisor: Harold Lawrence
Recording Engineer: Robert Eberenz



【デジタルファイル再生のご注意】

※収録されている楽曲データのファイル形式は、DSD(dsf)です。映像コンテンツは収録されておりません。
※再生は、楽曲データをパソコンやUSBハードディスク、NASなどにコピーして行なってください。なお、本商品はブルーレイディスクROM(BD-ROM)をメディアとしていますので、読み込み、及び楽曲データのコピーにはブルーレイディスクドライブが必要です。
※収録楽曲本来の音質を得るためには、各楽曲データのサンプリングレートおよびビットレートに対応したD/Aコンバーターなどをご用意ください。
※なお、本ディスクは一般のブルーレイディスクプレーヤーでの読込み、再生はできません。ご注意ください。


Stereo Sound STORE Copyright © 2013- all right reserved.