ご利用ガイド
 
   

バックナンバー取扱店
イベント
NEWS一覧

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

休業日 
発売日
営業時間 9:30-18:00
※土日祝日除く

StereoSound

StereoSound

CATALOG
ステレオサウンドストア取扱商品リストをPDFでご覧いただけます。
Store Item List

SSLとは?


JASRAC許諾番号:
S0904102073


カルメン幻想曲〜ヴァイオリン名曲集 (アナログレコード2枚組)

¥ 8,640 (税込)
  発売日:2017年12月5日     海外発送:不可
カゴに入れる

著者名/演奏者名:
アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)
型番:
SSAR-020〜021 ※予約商品・12月1日(金)より順次出荷予定

●33回転 限定重量盤 180g 初の国内盤

本品と他の商品を一緒にご注文いただいた場合、すべての商品が揃い次第の発送とさせていただきます。ご注文確定後の発送商品のまとめ、分割などのご要望にお応えすることはできません。あらかじめご了承ください。

ステレオサウンドの映像・音楽ソフトはこちらから

■送料について
送料はこちらからご確認ください。

 


【ステレオサウンド アナログレコードコレクション】
ラッカー盤のカッティングからプレスまで、音そのもののために一切の妥協を排し、音を追い込み出来上がったアナログレコードです。贅を尽くした製法から生み出される極めてS/N感の高いダイナミックで生々しいサウンドを持つ数量限定盤です。



初の国内盤! アンネ=ゾフィー・ムター

カルメン幻想曲〜ヴァイオリン名曲集

 カラヤンと共演でのデビューから15年、ムター初のヴァイオリン名曲集。レヴァイン&ウィーンフィルという最上の共演者と多彩なヴァイオリンの名曲をたっぷりと楽しむことができるのがうれしい。

 彼女のヴァイオリンの最大の武器は、なんといっても艶やかなこの上ない美音と卓越したテクニックを駆使しての多彩な表情といってもいいだろう。今回のアナログで、ソナタや協奏曲を演奏する彼女とはちょっと趣を異にした、リラックスしたムターの「ヴァイオリンの女王」ぶりが濃密に聴こえる。これが淡々と聴こえるようであれば、システムの再調整をぜひ!


収録曲

[Side 1]

パブロ・デ・サラサーテ
(1844-1908)

ツィゴイネルワイゼン 作品20
Moderato - Lento - Un peu plus lent - Allegro molto vivace


ヘンリク・ヴィエニャフスキ
(1835-1880)

伝説曲 ト短調 作品17
Moderato - Lento - Un peu plus lent - Allegro molto vivace
[Side 2]

ジュゼッペ・タルティーニ
(1692-1770)

ソナタ ト短調《悪魔のトリル》
(編曲:リッカルド・ザンドナーイ)
Larghetto affettuoso - Allegro moderato (Tempo giusto della scuola Tartiniana) - Andante (Sogni dell'Autore) - Allegro assai - Andante - Allegro assai - Andante - Allegro assai - Adagio



[Side 3]

モーリス・ラヴェル
(1875-1937)

ツィガーヌ


ジュール・マスネ
(1842-1912)

タイスの瞑想曲
[Side 4]

パブロ・デ・サラサーテ

カルメン幻想曲 作品25
Introduction.Allegro moderato
I.Moderato
II.Lento assai
III.Allegro moderato
IV.Moderato


ガブリエル・フォーレ
(1845-1924)

子守歌 ニ短調 作品16



アンネ=ゾフィー・ムター (ヴァイオリン)

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

指揮:ジェイムズ・レヴァイン


録音:1992年11月 ウィーン、ムジークフェライン大ホール

プロデューサー:ロジャー・ライト
ディレクター:ヴェルナー・マイヤー
レコーディング・エンジニア:ギュンター・ヘルマンス
エディティング:ラインヒルト・シュミット
ジャケット撮影:イェルク・ライヒャルト


Specifications

■カッティング エンジニア:武沢 茂(日本コロムビア株式会社)
■型番:SSAR-020~021(2枚組)
■33回転 180g 重量盤
■完全限定生産

アナログの魅力 - 熱烈アナログ愛好家 A氏コメント

私にとって、アナログ再生の最大の魅力とは、「演奏家の実在感」をより味わうことができることである。私には、アナログを楽しんでいる時のほうが音楽の抑揚、演奏家の息遣い、さらには、ちょっとオーバーかもしれないが、アーティストの呼吸や表情、そして身のこなしまでもが、スピーカーを通して「聴こえた」、と感じた幸せな瞬間がより多かったような気がする。

そして、オーディオファイルでもある私にとっては、システムに手をかければかけるだけ、その瞬間に出会える可能性が高くなってくることもアナログオーディオの楽しみだと感じる今日この頃である。

Stereo Sound STORE Copyright © 2013- all right reserved.