ご利用ガイド
 
   

バックナンバー取扱店
イベント
NEWS一覧

7
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

休業日 
発売日
営業時間 9:30-18:00
※土日祝日除く

StereoSound

StereoSound

CATALOG
ステレオサウンドストア取扱商品リストをPDFでご覧いただけます。
Store Item List

SSLとは?


JASRAC許諾番号:
S0904102073




ワーグナー:楽劇《ヴァルキューレ》舞台祝典劇「ニーベルングの指環」第1日(SACD3枚組)

¥ 19,980 (税込)
  発売日:2018年3月30日     海外発送:可

著者名/演奏者名:
サー・ゲオルグ・ショルティ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
型番:
SSHRS-019~021

■ディスク形態:SACD(シングルレイヤー)3枚組 ※1
■音匠レーベルコート採用
■LPサイズ特殊パッケージ仕様ジャケット

■豪華仕様ブックレット付属
・ジョン・カルショーによる「地上に降りる:ヴァルキューレの人間性」の対訳(LPからの転載)
・渡辺護氏による詳細な楽曲解説(LPからの転載)
・小林利之氏と長谷川勝英氏による演奏者紹介
・歌詞 対訳

■レーベル:英DECCA
■音源提供:ユニバーサルミュージック合同会社
■ステレオサウンド独占販売品(一部のオーディオショップを除く)
■完全限定生産盤

※1.本商品はSACD対応プレーヤー専用ディスクです。通常のCDプレーヤーでは再生できません。

※弊社から発送の商品を複数点ご注文の場合、原則としてもっとも入荷の遅い商品を待っての出荷となります。

※本商品はおひとり様2セットまでのご購入とさせていただきます。また、家庭での一般的な試聴用途の範囲を超えると思われる、複数回のご注文などは、お断りする場合がございます(ご注文キャンセルのお知らせメールが送信されます)。あらかじめご了承ください。


ステレオサウンドの映像・音楽ソフトはこちらから

■送料について
送料はこちらからご確認ください。

 




 オーディオファイルの歓びは、名曲の名演奏×名録音を聴くことに尽きます。『永遠の価値を持つ歴史的名演奏・名録音』のアナログ・マスターテープは、世界中のレコード会社に保管されています。ステレオサウンド社は、その中から良質のマスターテープを発掘し、最新技術を駆使して“最良の音”に仕上げる『オーディオ名盤コレクション』をスタートさせました。

 本商品はアナログ・マスターテープの音声をほぼ無加工でデジタル化したものです。そのため、原則として、超低域のカットはおろか、音を聴きやすくするためのイコライジングやマスターテープに起因するノイズカットおよびドロップアウト等の補正処理を行なっていません。これは限られた制作関係者のみが聴くことが可能だったマスターテープの音をできる限り忠実にオーディオファイルの元にお届けしたい、という商品企画に基づくものです。


ジョン・カルショーの情熱が創り上げた「舞台では実現不可能な理想のオペラ上演」

 英国デッカ・レコードが、ショルティ指揮するウィーンフィル、そして選び抜かれたワーグナー歌手らとともに、1958年~1965年にかけて行なった、「リング」のステレオ全曲録音プロジェクト。その掉尾を飾ったのが、1965年録音の『ヴァルキューレ』。『ラインの黄金』で始まった「デッカ・リング」の録音技法は、8年におよぶ制作期間によって深化し、サウンドは円熟味を増した。演奏者に直接触れられそうなほどの生々しさが、豊かな空間ハーモニーのもとに実現し、最高度の臨場感をもたらす。

ディスク、パッケージ仕様
 今回のディスク形態はこれまでのSACDとCDのセットではなく、シングルレイヤーSACD(通常のCDプレーヤーでは再生不可/ステレオ音声のみ収録)のみの3枚組仕様で、追加プレスのない完全限定生産盤となります。ジャケットはLPサイズ大の特殊パッケージ仕様となっており、同サイズの付属ブックレットは、歌詞・対訳はもちろんのこと、ジョン・カルショーによる「地上に降りる:ヴァルキューレの人間性」の対訳、さらには渡辺護氏による詳細な楽曲解説(LPからの転載)、加えて小林利之氏と長谷川勝英氏による演奏者紹介等も掲載した、総ページ数が50を超える豪華版です。

SACDに用いたマスターテープ
 SACDに採用したマスターは、ユニバーサルミュージックによってテープ保管庫から発掘された緊急用のセイフティ・アナログ・マスターテープです。これは1970年代に英国デッカから当時の輸入元であったキングレコードに提供されたもので、文字通りLPレコード・プレス用のメタルマスターに不備があった場合に備えての緊急用として、1/4幅のオリジナル・アナログ・マスターテープから一対一のダビングによってつくられたものでした。ただ、緊急用ということもあり、今日ではその行方は記録に残されておらず、幻とも呼ばれる存在となっていました。それが、日本のユニバーサルミュージックの執念とも呼べる調査の末、ついに発見されて、デッカ本国からSACD化に対しての正式許諾を得ることができたのです。

 現在、デッカ本国が「ニーベルングの指環」のマスターとしているのは、通称《ジェイムズ・ロック・リマスター》と呼ばれる、エンジニアのジェイムズ・ロックによってノイズカットやイコライジング処理の施されたデジタルマスター(PCM)です。オリジナル・アナログ・マスターテープがその傷み具合から使える状態にないことから(と言われています)、1997年以降に正規発売されたデジタルディスクおよびデジタルファイルは、ただひとつの例外もなく、すべてこのジェイムズ・ロック・リマスターが元となっています。そのため、本作はこのリマスタリング処理が施される前段階の貴重なマスター音源を元にデジタル化を行なった、世界初にして唯一のSACDとなります。

フラットトランスファーでDSD化
 SACDのためのデジタル化作業を行なったのは、日本コロムビアのマスタリング・スタジオ。日本が誇る名匠、武沢茂氏によって入念に調整されたスチューダーのA820デッキによって再生したアナログ・マスターテープの音声を、フラットトランスファーで2.8MHzのDSD信号(SACDのデジタル規格)に変換しました。DSD化に用いた機材は、マージング・テクノロジーズ社のピラミックス・システムです。エソテリックのマスタークロック・ジェネレーターG01Xを使用しての厳格なクロック管理やデジタル/アナログ・ケーブル、ACコード等を含めたシステム全体のチューニングを行なって、アナログ・マスターテープの音声を忠実にDSD化することを目指しました。



Audio Masterpiece Collections

Listening to excellent pieces of music of great performances and high quality sound-recordings is a blissful moment for all audio enthusiasts.

However, a lot of original analog master tapes, though they contain the greatest performances and high quality sound-recordings of all time in history and hold eternal values, are often buried in archives or storerooms of record companies all over the world without being shed light on their existence.
We have dug them out of archives, and with state-of-the-art techniques, transferred them to SACDs, the best conceivable playback mediums.
It is a great pleasure for us to introduce you the best-sound playback mediums as our "Audio Masterpiece Collections".

These SACDs have been produced in accordance with our convictions that in a certain sense the conclusive music file with ultimate high quality of sound is none other than the original master tape itself because, without any doubt, if it has been kept well-preserved, it must contain a great amount of unspoiled sound information, thus we shall share the joy of listening to such pure and genuine sound of music──the privilege which is given to exclusively limited persons involved in the recording process. In order to realize such an ideal playback medium, we successfully digitized the analog master tape, and transferred it to the suitable mediums, in principle, with no additional processing treatment such as equalizing or sound adjustment── noises and sound dropouts, which had been attributed to the master tape, were kept intact.
We became at last able to provide audio enthusiasts with the ultimate sound quality that is as close to the original master tape as possible.



Ideal Opera Performance hardly achieved in the opera house
Created by the devotion of John Culshaw


Decca's grand project in producing Wagner's Ring complete has become an incomparable achievement in the history. Recorded from 1958 through 1965, it was the first complete Ring to be taped in the studio, in stereo, with Solti's conducting, the casting of the best possible Wagner singers of the day, and the brilliant playing of the Vienna Philharmonic.
Die Walkure was the final opera in the Ring cycle recorded by John Culshaw, a pioneering classical record producer for Decca Records, in 1965.
Started monumental recordings with Das Rheingold in 1958, eight-year span had brought further development to Decca's recording techniques and added richness to the sound of Die Walkure.
Throughout the opera, reproduced sound and voices are so realistic that one could have the sense of touching the players just appeared in front of you. It allows listeners to experience Solti's Ring more faithfully than previously possible, abetted by the abundance of spatial harmony.


Disc form/Package/Bundled items
・The package contains a set of three SACDs (CD is not included):
Stereo recording, single-layered SACDs (incompatible with conventional CD players and cannot be played on them).
・The discs are released as a limited edition with no additional issue.
・Outer covering is made as a LP record-sized special package, and same-sized booklet is accompanied.
・The booklet is over-50-pages deluxe edition, containing the lyrics in both German and Japanese.

Japanese translation of the foreword of the liner notes written by John Culshaw, detailed interpretation by Mamoru Watanabe (reprint from the LP record), and the introduction of players by Toshiyuki Kobayashi and Katsuhide Hasegawa are also contained.

Master tape used for the SACD
The production master used for this SACD is the safety analog master tape that had been kept for the emergency use and unfortunately got forgotten for a long time.
It had been made by the Decca Record Company in the beginning of the 1970s as a safety master tape, copying directly from the 1/4-inch original analog master tape on a one-to-one basis, and been provided to the King Records in Japan which was the importer and distributor of the Decca records at that time. It would have been used only if any flaws in the metal master prepared for the LP recordings had been found.
But, for its limited usage (only used for the emergency) it had not been on a written record, and consequently, its whereabouts had become unknown. However, thanks to persistent searching by the Universal Music Japan, it was finally discovered and we got the privilege to be given a license by Decca to make a fresh transfer from this safety analog master tape.

The master source currently used by Decca for Solti's Ring transfer is the digital master tape, commonly known as "James Lock Remaster", which was made by Decca mastering engineer James Lock who had assisted John Culshaw on the original Ring sessions.
Assigned by Decca to de-hiss the Ring for the 1997 edition CD, Lock made new 48/24 transfers (PCM/48kHz/24bit) from the original analog tapes, applying processing treatments such as equalizing and noise reduction.
Since the original analog master tapes were too deteriorated to make a new transfer (that was said by Decca), all digital discs and digital files that have been issued since 1997, without any exception, were made by using this "James Lock Remaster" as a source.
Therefore, our SACD is the first and only transfer in the world, digitized from the precious master source that had been stored before remastering was applied.

DSD Recording by Flat Transfer
We have done the digital editing for the SACD in NIPPON COLUMBIA's mastering studio, and made flat transfers from the analog master tapes converting to DSD signal (digital format of SACD) with a sampling rate of 2.8MHz: playback was done on the STUDER A820 Analog Master Recorder, which had been meticulously tuned by the greatest mastering engineer in Japan, Shigeru Buzawa.
With an aim to make a DSD master as close to the analog master tape as possible, the whole system, including cables (digital/analog/AC), was finely tuned, and state-of-the-art equipments were also utilized; Merging Technologies' Pyramix System for conversion; Esoteric Master Clock Generator G01X to regulate clock timing accuracy.



リヒャルト・ワーグナー
RICHARD WAGNER (1813-1883)

ニーベルングの指環
DER RING DES NIBELUNGEN

序夜と3日間のための舞台祝典劇
Ein Buhnenfestspiel fur drei Tage und einen Vorabend

第1日
Erster Tag

楽劇《ヴァルキューレ》
DIE WALKÜRE

台本:作曲者
Text von Komponisten

初演:1880年6月26日 ミュンヘン宮廷歌劇場
Uraufführung: 26. Juni 1870 im Königlichen Hof- und Nationaltheater München

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
Wiener Philharmoniker

指揮:サー・ゲオルグ・ショルティ
Conducted by Sir Georg Solti


録音:1965年10月31日、11月2~5、8~12、15~19日 ウィーン、ゾフィエンザール


Producer: John Culshaw
Recording engineer: Gordon Parry
Recording: Sofiensaal, Vienna, 31 October, 2-5, 8-12 & 15-19 November 1965



歌手/収録曲






ブックレットより抜粋









Specifications

■ディスク形態:SACD(シングルレイヤー)3枚組 ※1
■音匠レーベルコート採用
■LPサイズ特殊パッケージ仕様ジャケット

■豪華仕様ブックレット付属
・ジョン・カルショーによる「地上に降りる:ヴァルキューレの人間性」の対訳(LPからの転載)
・渡辺護氏による詳細な楽曲解説(LPからの転載)
・小林利之氏と長谷川勝英氏による演奏者紹介
・歌詞 対訳

■レーベル:英DECCA
■音源提供:ユニバーサルミュージック合同会社
■ステレオサウンド独占販売品(一部のオーディオショップを除く)
■完全限定生産盤

※1.本商品はSACD対応プレーヤー専用ディスクです。通常のCDプレーヤーでは再生できません。

■音匠仕様(グリーン)レーベルコート採用


ディスクのレーベル面には音匠仕様レーベルコートを採用。ソニーが開発した技術によって、特殊な緑色のインクを用いたレーベルコートを施し、音質向上を目指したディスク仕様としています。
※音匠はソニー株式会社の商標です。


Stereo Sound STORE Copyright © 2013- all right reserved.