ご利用ガイド
 
   

バックナンバー取扱店
イベント
NEWS一覧

6
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

休業日 
発売日
営業時間 9:30-18:00
※土日祝日除く

StereoSound

StereoSound

CATALOG
ステレオサウンドストア取扱商品リストをPDFでご覧いただけます。
Store Item List

SSLとは?


JASRAC許諾番号:
S0904102073


季刊ステレオサウンド No.184/2012年 AUTUMN

¥ 2,057 (税込)
  発売日:2012年9月1日     海外発送:可
カゴに入れる ADD TO CART


雑誌コード:65482-50
ISBNコード:978-4-88073-284-8

▶ステレオサウンドのバックナンバーはこちらから

■送料について
送料はこちらからご確認ください。

ステレオサウンド184号の表紙を飾るスピーカーシステムは、皆さんよくご存知のJBL「Everest DD66000」ではなく、本誌発売日と同じ9月1日に正式発表される「Everest DD67000」。DD670000はエンクロージュアやユニット構成などの基本設計部分はDD66000を引き継いだうえで、搭載ユニットなどに新技術が投入されて生まれ変った、DD66000に代わるJBLの新フラグシップです。今号ではそのDD67000とともに、基本設計が同じヴァリエーションモデルのDD65000を、巻頭の「NEW BIG SOUND」で詳しくご紹介しています。JBLファンはもちろん、そうでない人も、世界に先駆けて本誌だけがお届けするJBL新フラグシップスピーカーの全容を決して読み逃しのないよう、以下にご紹介する注目記事と同様によろしくお願いいたします。

特集1 ここまで来た! デジタル再生のいま

 CD誕生(1982年)から30年、SACD誕生(1999年)から13年が経過し、CDやSACDをはじめとするデジタルオーディオ再生のクォリティはどこまで進化したのか。そして、デジタルオーディオの最先端ではいま何が起きているのか。この特集は、デジタルオーディオの過去と現在を見つめ、これからの可能性を展望します。内容は大きく3つに分かれます。まず、オーディオ評論家4名がデジタル再生の過去と現在について語り合う「座談会」、つぎに、「注目のデジタルオーディオ機器ベスト5」、そして最後は、デジタルファイル再生の分野でいま急速な拡がりを見せている“DSDネイティブ再生”にスポットを当てる「DSDファイル再生最前線」。これを読めば、デジタル再生のいまが分かります。

特集2 私の選択〜音楽再生にかける想い

 特集2では6人の一般オーディオ愛好家にご登場いただきます。愛好家のお宅をオーディオ評論家が直接訪問し、とりわけ思い入れをもって愛用されている「一つのオーディオ機器」にスポットを当てて、その愛機のどんなところに魅力を感じておられるのか、そして、その愛機をどのように鳴らし、オーディオをどう愉しまれておられるのかといった「音楽再生にかける想い」をうかがいます。「愛好家のナマの声」と「評論家の深い考察」を通して、オーディオ製品の魅力の本質、オーディオの醍醐味をお伝えいたします。

このほか、新製品関連ではアキュフェーズ40周年記念モデル第3弾、A200モノーラルパワーアンプ、マランツのSACDプレーヤーSA11S3とプリメインアンプPM11S3、マイトナー・オーディオのDSDネイティブ再生対応D/AコンバーターMA1など、今年秋以降の注目モデルを詳しくご紹介しています。国内外のメーカー取材関連では「アキュフェーズ40周年、揺るぎない製品力の秘密」、ネルソン・パス(パス&ファースト・ワット)とニール・パテル(アヴァロン)のロング・インタビュー、連載企画では「ファインチューニングのすすめ」、ハープ奏者の吉野直子さんにご登場いただいた対談「音のたまもの」、音楽ソフト制作関連では、「ポリヒムニア&エミール・ベルリナー・スタジオ訪問記」、10月に限定発売される石英ガラスCD「ゴールドベルク変奏曲/グレン・グールド」の制作工程詳報など、盛りだくさんの内容となっています。

(ステレオサウンド編集部)

CONTENTS

NEW BIG SOUND

  • JBL Project Everest DD67000/DD65000───小野寺弘滋
  • アキュフェーズ A200───柳沢功力

特集1 ここまで来た!デジタル再生のいま

  • 座談会「デジタル再生のクォリティはどこまで到達したか」
    小野寺弘滋/櫻井 卓/三浦孝仁/柳沢功力
  • オーディオ評論家6人が選ぶ
    注目のデジタルオーディオ機器ベスト5

    小野寺弘滋/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳
  • DSDファイル再生最前線 三浦孝仁

特集2 私の選択 音楽再生にかける想い

関 守氏/川畑平一郎氏/依田和彦氏/福士泰夫氏/増田泰彦氏/宮田慎太郎氏/黛 健司/柳沢功力/山本浩司/和田博巳

  • 連載 音のたまもの ゲスト 吉野直子(ハーピスト)———小林悟朗
  • イリーナ・メジューエワさんのオーディオシステム選び
  • クライマックスDSMで知るブルーレイ音楽作品の魅力———山本浩司
    ゲスト 小林慎一郎
  • 連載 ファインチューニングのすすめ———藤本一夫
  • 連載 プレミアム・デジファイ デジタルファイル再生を極める
    新製品リポート———櫻井 卓/黛 健司/三浦孝仁/山本浩司/和田博巳
    • ケンブリッジオーディオ=Stream Magic6
    • コード=キュートHD
    • リン=Majik DSM
    • リン=KIKO DSM System
    • リンデマン=USB-DAC 24/192X Version.1.5.5
    • アリストクラト=Canarino II
    • PSオーディオ=PerfectWave DAC-MK II
    • ワイス=DAC202U
  • アキュフェーズ創立40周年、揺らぎない製品力の秘密———黛 健司
  • 目指しているのは心地よさ
    パス&ファースト・ワット=ネルソン・パス氏ロングインタビュー—三浦孝仁
  • 音楽の翻訳者になるために
    アヴァロン=ニール・パテル氏インタビュー———傅 信幸
  • SS INTERVIEW
    ティダル/ゴールドムンド/コード・カンパニー/フォーカル
    黛 健司/宮下 博/編集部
  • 連載 音技の国の散歩道 秋の道
    オーディオ機器の出力位相———高津 修
  • 連載 聴く鏡  ジャズな人———菅原正二

秋の新着モデル徹底試聴
Exciting Components

  • ティダル=Contriva Diacera————黛 健司
  • エラック=FS507 VX-JET————和田博巳
  • マイトナー・オーディオ=MA1————三浦孝仁
  • ファンダメンタル=LA10————和田博巳
  • マッキントッシュ=MC601————柳沢功力
  • エソテリック=I05————傅 信幸
  • マランツ=SA11S3/PM11S3————傅 信幸

TEST REPORT 2012 AUTUMN
話題の製品を聴く

小野寺弘滋/櫻井 卓/高津 修/傅 信幸/黛 健司
三浦孝仁/宮下 博/柳沢功力/山本浩司/和田博巳

SOUND SCOPE——— 山本浩司

試聴ディスク一覧

SS HOT NEWS———編集部

JUST NEW COMPONENTS———編集部

SS MUSIC REVIEW & ESSAY

New Discs

  • クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生/柳沢功力
  • ジャズ=原田和典
  • ポピュラー=高橋健太郎/和田博巳
  • 連載 The Best Sounding CD 嶋護の一枚
  • 連載 音楽に心躍る日々———小林慎一郎
  • 連載 スタジオの音が聴こえる———高橋健太郎
  • 連載 現代の名演奏家たち———舩木篤也
  • ヨーロッパ制作スタジオ訪問記———小林悟朗
  • ザ・バンドのアルバム5作品が
    Mobile FidelityからSACDで登場———嶋 護
  • 究極の「ゴールドベルク変奏曲」、
    グールドの名作がついにガラスCD化———三浦孝仁
  • エソテリック「名盤復刻シリーズ」、
    9月はテンシュテットのマーラー———小野寺弘滋
  • ユニバーサルが素材や製作工程にこだわった
    「100%PureLP」を発売———編集部
  • オーディオテクニカ、創立50周年記念本を発売———編集部
  • EMIクラシックスの名盤がSACDシングルレイヤー仕様で発売決定———編集部
  • SSインフォメーション
  • 連載 音楽の誘拐———許 光俊
  • ミュージックソムリエがイベント開催———編集部


Stereo Sound STORE Copyright © 2013- all right reserved.